『ポモドーロ・テクニック』仕事時間を分割し集中力を上げる時間管理法

SPONSORED LINK

ポモドーロ・テクニック

仕事時最大のロスは集中出来ずにダラダラと過ごしてしまうことではないでしょうか。フリーランスの私は出来るだけ作業に集中できるように『ポモドーロ・テクニック』を使って仕事効率をUPさせています。

ポモドーロ・テクニックってなんぞや?って方や仕事に集中出来ないという方に仕事時間を分割して短時間をより集中するための時間管理法をまとめてみます。


ポモドーロ・テクニックの基本

Pomodoro Technique(ポモドーロテクニック)は1980年代後半にFrancesco Cirilloによって開発された仕事や勉強でより生産性を上げる時間管理です。

人間の集中力は短時間しか持続できないということから『作業時間+小休憩』のサイクルを連続させてより作業時間の集中力をアップさせ生産性を高めようという方法なんですが、具体的な方法として

1サイクル=25分の作業時間+5分の休憩

計30分で1サイクルの作業を1日16回繰り返せば8時間(就業時間)になるわけです。

実践した感想

実際私はフリーランスになってからこの方法で作業していますが、25分という時間では当然行っているタスクを中途半端で止めて5分の休憩に入ります。しかしポモドーロ・テクニックではこのタスクだけ終わらせてから休憩ということはしません。25分経てば必ず休憩を取るようにします。

仕事ってやり始めるまでに一番パワー・集中力がいると思いませんか?車のエンジンのようにかける時に一番燃料を消費するわけです。そこでこの中途半端なタスクの状態が凄く良くて、人間やってしまわないと気持ちが悪いもので休憩の5分が経てばタスクの続きに直ぐとりかかることが出来ます。

出だしでもう勝負は決まっているわけですね。

自分に会った集中時間

またポモドーロテクニックを行なう上で自分にあった時間や作業にあった時間を見つけることも重要だと思います。基本的な部分は「25分+5分」のサイクルでいいのですが、何かと集中力が持続しがたい作業は25分をもっと短くした方がいいでしょうし「50分くらいは集中できるよ」って方は50分+10分のサイクルにしてもいいと思います。

要は午前の4時間+午後の4時間という就業時間をもっと集中できる短時間に分けて生産性を上げる事が目的ですから25分+5分という部分に固執する必要はありません。

10時・15時にコーヒータイムがあるような会社であれば、それを踏まえたサイクルを考えてもいいと思います。

やらない事を決めるのは必須

このポモドーロ・テクニックを更に効率よくさせるために『やらない事リスト』を作成しましょう。

基本的な25分はタスクをこなすことに集中するわけですが、休憩の5分は何をしてもいいのかということです。

私は何も決めずにやっていたのですが、5分の休憩の過ごし方が凄く重要で例えばネットサーフィンなんかしちゃうと5分後に頭を切り替えて作業できるかというとそうではありません。

ダラダラ見てたらいいのですが、問題は気になる記事に出会った時です。

休憩の5分が終わり次の作業サイクルの25分がスタートしても気になったりします。そこでポモドーロ中はこのようにするというルールを自分に課しています。

  • 思いつきはメモへ(それ以上は考えない)
  • RSSのチェックはタイトルチェックで気になる記事はPocketへ
  • SNS/Mailの返信はしない
  • 動画は見ない
  • 25分過ぎて続けない

当然昼休みは何をしてもいいのですが、仕事時はこのようにルールを作っています。集中力を上げるといっても不意にアイデアを思いつくことあるので、その時はGTDのInboxやEverNote等にメモを直ぐに残して保留します。また休憩時にはRSSをチェックしてもタイトルをチェックして気になるものはPocketに保存し内容までは見ません。

他にもそうですが、5分の休憩を過ぎても気になってしまいそうな事はやらないようすることでより25分を集中できるような環境にしています。

【App】ポモドーロタイマーの導入

ポモドーロテクニックを実践するにおいて25分経過後直ぐに5分をカウントしアラームを鳴らしてくれるポモドーロタイマーが必要になります。私はアプリで幾つか使っているのでご紹介します。

Eggscellent【MacApp】

Eggscellent
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥500(記事公開時)

APP STORE

Eggscellent

このアプリの最大の特徴はMac標準のリマインダーアプリ・OmniFocus・ThingといったGTDアプリのタスクと連動してポモドーロテクニックが行えるということです。Macユーザーには非常に便利なんですが、会社でも利用するという方はiPhoneのアプリの方がいいでしょう。

自宅での作業にMac版をという方でGTDをやっている方にはオススメできます。

PomoTeq【iPhoneApp】

PomoTeq – ポモドーロ法を用いたタスク、時間管理アプリ
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥200(記事公開時)

APP STORE

Pomi Teq

タスクを表示させることが出来るポモドーロタイマー。私はやらないことリストを表示させて使っています。iPhoneで管理するほうがどんな作業においてもログが取れるのでメインで使っています。

FocusTime【iPhoneApp】

Focus Time – Activity Tracker & Pomodoro Timer
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥500(記事公開時)

APP STORE

Focus Time

私がポモドーロを始めた時に購入したアプリ。現在ジャンル毎にカウント出来るようになっているのでまた使おうかと考えています。作業時間ログとしても使えますね。

30/30【iPhoneApp】

30/30
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE

無料とは思えないほど高機能。ポモドーロだけで使うには勿体無いくらいタイムスケジュールを作成することが出来ます。作業に合わせで時間を変えたい方は一択です。

まとめ

ポモドーロ・テクニックに関してまとめてみましたがいかがだったでしょうか。

この時間管理はやる気が起きない朝一の仕事のとりかかりにおいても25分だけ集中して仕事しよう!という事からスムーズに1日を過ごせるという利点があります。

ポモドーロ・テクニックに出会って私自身作業量は随分向上しましたし、逆に夜や休日は休むといったメリハリをつけることが出来るようになりました。

ついついダラダラと作業をしてしまうという方はアプリも無料のものが多くあるので是非ダウンロードして実践してみてください。習慣化すれば随分仕事の集中力の変化に気づくはずです。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。