iOS10でのウィジェット活用と利用アプリ

SPONSORED LINK

iOS10ウィジェット

これまで様々なアプリをウィジェットに使っていましたが、先日断捨離し並び替え。本当に必要なものだけを残しました。そこで私なりのウィジェット活用と利用アプリをまとめています。

不要なウィジェットを断捨離

まずウィジェットには多くのアプリを追加する事が出来ます。「第2のランチャーや」と当初は興奮してたのですが1画面でフォルダをランチャーに見立てた画面(過去記事:フォルダを活用した1画面ホーム管理)で第2のランチャーはどこへやら。

とは言え全く使わないというのではなく、アプリの機能に一気に飛べるランチャー活用として意識しました。

現在のウィジェット画面

ウィジェット画面

被ってる部分はぼかしています。実際に色々と削除したら基本これだけで十分になりました。では選んだ理由等も合わせて解説していきます。

1.天気

まずは情報として天気予報(Apple標準)。これは一々アプリを立ち上げる必要が感じないものの、子供に傘を持たせたりと見ることも多いという事で採用です。

2.写真・動画

カメラ系のアプリは色々とあります。使うシーンによって用途があって、例えば飲食店での物撮りなんかには音がしない『OneCam』をホーム画面においています。ただ家族と出かけた時の風景であったりスナップは『Camera+』を使用することが多いのと、動画撮影には『HORIZON』が便利です。

実際にウィジェットのメニューを見ていただいてもわかるように、
『Camera+』は写真を撮る・自撮り・マクロ撮影とメニュー自体もすごく優秀。

こうしたアプリはホーム画面から開くよりもウィジェットで利用するほうが使いやすいです。

3.予定

予定ゾーンには3つの項目を追加しています。

  • 次の予定(標準カレンダー)
  • カレンダー
  • Omnifocus

ここは今日の予定をチェックする場所にしています。それぞれのアプリを開いて見るよりも一度に確認できるのが便利だからという理由ですが、実際やらなければいけない事とこの後のスケジュールの両方の確認が一度に出来るのはすごく便利です。

4.チェックイン(ライフログ)

最後に行った先々でのチェックイン(ログ)です。私は2つのアプリを使っています。

  • Swarm
  • DayOne

Swarmはプライベート専用というか、SNSに共有したり遊びに行った際でのチェックインに使っています。
DayOneは仕事にも使っていて例えば打ち合わせで訪問した先のログを残したりという感じですね。

自分が何をしたかというログは結構重要だと思ってて、振り返って楽しいだけでなく今後のアイデアや行動につながることも多いです。忘れがちな引き出しを開けるキッカケになりますね。

まとめ

この下には最初からあるニュース等も残してますが、殆ど見る事はないです。色々なランチャーを入れておくよりも本当に使える(自分なりに)ものだけにした方が使用頻度はグッとあがりました。

折角の機能ですから使わないと勿体無いですよね。勿論アプリランチャーにしてもいいですし、自分の使いやすいスタイルを見つけましょう。

1画面管理+ウィジェットゆえの私なりのスタイルです。
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。