iOS版Codaがアップデート!iPhoneにも対応『Coda for iOS』

SPONSORED LINK

Coda for iOS

iPad版のDietCodaがiPhoneにも対応した『Coda for iOS』にアップデートされました。単純にiPhoneに対応しただけでなく大幅に機能も強化されています。

Coda for iOS

iPhoneでコードを弄るなんてって私も以前は思っていましたがiPhone6Plusに変えてからというもの、入力のシーンにおいてiPadを立ち上げることがほぼほぼ無くなっています。そしてこのCodaのアップデートでさらに捗りそうです。

機能強化

Coda for iOS アップデート

  • iPad・iPhone対応のユニバーサル化
  • 無償で提供されているPanicSyncで設定・クリップ・接続情報を同期
  • 言語モードの追加
  • JavaScriptの実装テスト環境搭載
  • Transmit iOSと共有が可能なローカルストレージ

他にも機能は多数追加されていますが開発に関わる方には本当に嬉しい強化です。しかもDietCodaの既存ユーザーは無料でアップデートされます。

Coda for iOS (WebコードエディタDiet Codaの名前が変わりました!)
カテゴリ: 仕事効率化
価格: ¥1,200(記事公開時)

APP STORE

iPhoneでコードを弄りたいという方やMacではCodaを使ってるという方は注目のアップデートだと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。