MarsEditをさらに快適にするためのプラグイン『All in One SEO for MarsEdit』を導入した

SPONSORED LINK

All in One SEO for MarsEdit

MarsEditを使ってブログ更新している私ですが遂にMETA情報のTitle・Description・KeywordをMarsEditから入力できるようになりました。

『All in One SEO for MarsEdit』というプラグインを使った方法が公開されていたので参考にしつつ設定した手順の覚書を書いておこうと思います。


この記事に助けられた!All in One SEO for MarsEditの存在

MarsEditと連携させる方法は知っていたのですが面倒だったんです。「まぁいいか」って感じで放ったらかしだったのですがこの記事に出会いあっという間に設定完了しました。

この記事がなければプラグインの存在を知らなかったので先送りにしてたでしょうねw

All in One SEO for MarsEditのダウンロードから設定

上記の記事中にも紹介されていますが、『All in One SEO for MarsEdit』というプラグインはこちらのブログで公開されています。

WordPressのバージョンアップに影響を受けたくないあなたへ。MarsEditからAll in One SEO Packのメタ情報を投稿できるようにするプラグイン | Apple情報局

この記事の中央部分に

プラグインダウンロード

このようなリンクがあるのでダウンロードします。このダウンロードしたファイルを全てFTPでアップします。

私はFTPアプリにTransmitというアプリを使っています。あのCodaをリリースしている会社ですね。勿論他のFTPアプリでも大丈夫です。

Transmit App
カテゴリ: ユーティリティ
価格: ¥3,400

WP プラグインアップロード

WordPressがインストールされているサーバーを開き『wp-content>plugins』の中に先ほどダウンロードしたAll in One SEO for MarsEditをドラッグアンドドロップで入れればOK

次にWordPressの管理画面でプラグインを有効化します。

WPプラグイン有効化

これで受け入れ側の設定は完了しました。

MarsEditの設定

ではMarsEditで投稿できるように設定します。こちらは次の記事が非常に参考になります。

MarsEdit設定

ブログタイトルを右クリックし『Edit Setting』を選択します。

MarsEdit カスタムフィールド

そして上部タブのCustom Fieldsを選び+で追加します。この時にLabelは自分が解りやすい名前でOKですが、FieldNameはそのまま利用して下さい。

MarsEdit メタ入力

これで完全にMarsEditでメタ情報も入力して投稿できるようになりました。因みにこの記事が初投稿なんですが後で書くよりも全然便利ですね。

一応記事を確認してみたところ

allinoneseo-marsedit07

バッチリMETA部分が反映されていました!

まとめ

このプラグインは『All in One SEO』のMETA入力部分と連携させるプラグインなので勿論All in One SEOを使っていないと利用できません。ただこれまでやらなかったのが悔しいくらい便利になる予感がします。

今後さらに使ってみて感想等を追記出来ればと思います。

参考になる記事を書いてくれた皆様には本当に感謝です!

MarsEdit – the blog editor for WordPress, Tumblr, Blogger and more. App
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥4,000

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。