Dropbox発の文書共有アプリ『Paper』を使ってみた

SPONSORED LINK

Paper dropbox

Dropboxがチームで文章・資料を更に簡単にまとめて共有できるサービス『Paper』を公開しました。まだβテスト中という事ですが、登録すれば使えるので早速試してみました。

まとめ資料が簡単に作れる

テスト資料

まずPaperはどのようなものかというと、Dropboxは共有機能なんかでチームでファイルの共有するのに最も使いやすいサービスです。しかし様々なファイルの中からチームの誰かに指示を出したりタスクの管理をするのには他のサービスを併用する必要がありました。

今回のこのPaperではチーム内に文章を更新し、例えばメンションつき(@ユーザー名)で文章を更新するとそのユーザーに通知が届いたりと資料を共有するのに非常に便利です。

また文章だけでなく写真・動画・音声データ・コード・Dropbox内のファイルも貼り付けて共有できます。

写真添付

動画添付

コード添付

ということはプロジェクトをまとめるリーダーが進捗状況や指示文章、必要なファイルの場所、会議の音声データ等を全てまとめてチームで共有できるわけですね。

これはめちゃくちゃ便利ですね。

iOSApp Paperで見てみると

iOS Paper App

先ほど作成した文章です。iOSアプリで残念なのは文字入力の他現在画像の添付しか対応していません。まぁそれでも外出先からの確認や指示を送るのに役だちますね。

Dropbox Paper
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE

まとめ

まぁこれまでも文章や資料の共有方法としては様々なサービスがありましたが、安定性だけでなく今回のPaperの追加でビジネスシーンで大活躍しそうな気がします。

もちろんプライベートなことでも活用できることは多いと思うので、更に使い込んで記事にしたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。