Googleアカウントに2段階認証を設定する方法

SPONSORED LINK

Google 2段階認証

様々なサービスが個人情報を漏洩している昨今、自分のアカウントを守れるのは自分だけって事で2段階認証を導入できるサービスは導入しちゃいましょうという感じで暫く様々なサービスの設定方法について連載しようと思います。

最初はGoogleなんですが、GoogleはアドセンスやアナリティクスといったWEBに関わる方の重要なサービスと連動している他、Gmailは個人の連絡先やWEBサービスの登録にもよく使われています。これはガッチリと守りたいですね。

追記:2段階認証はより簡単に

Googleの2段階認証がスマホで通知を受け取り『はい』を選択するだけの、より簡単な認証システムに変わりました。従来のワンタイムパスワードと併用して使うことが可能です。

Googleの新2段階認証の設定方法Googleの新2段階認証の設定方法
りんご人記事

1.2段階認証 導入手順

Googleアカウントにログインしている状態でGoogle検索等を使えば右上に顔写真アイコンがあると思います。そこからアカウントをクリックしましょう。

google2段階認証導入手順1

表示された画面の中央上側にある『セキュリティ』をクリックし『2段階認証プロセス 設定』をクリックします。するとGoogleアカウントのパスワード入力後2段階認証の設定が始められます。

google2段階認証導入手順2

早速設定していきますが、2段階認証の導入⇒各Gmailの再設定⇒専用アプリの導入⇒バックアップコードまでをワンセットにして書いていきます。

google2段階認証導入手順3

設定を開始をクリックすると携帯電話のメールアドレス宛か電話による音声ガイダンスかで認証コードを受け取ることが出来ます。私は最初携帯電話へのメールへコードを送るようにしたのですが、セキュリティの設定からか届かなかったので音声通話を選択しコードを受け取りました。

上記画面では『コードを送信』をクリックすると電話が非通知でかかってきます。機械的な音声で認証コードを伝えてくるので画面にコードを入力し認証させます。

基本的に2段階認証の設定はこれで完了なんですが、このままでは幾つか不具合な状況になります。

  1. Gmail等の設定をやり直す必要がある
  2. 毎回電話がかかってくるのがウザい
  3. もし緊急時に認証を解除する方法は

これらを一つ一つ解消してこそ2段階認証の設定が完了と言えるので、それぞれ解説しておきます。

2.Gmail等の再設定

2段階認証が設定完了した時点でこのようなメッセージが画面に表示されます。

アプリや端末の再接続

幸い私はメールのみでカレンダーと連絡先は使っていないのですが、Adsenseのアプリも再設定の必要がありました。まずはメールを再設定します。

アプリ パスワード

端末を選択しサービスを選んで生成をクリックすると下記のようにパスワードが画面に表示されます。

アプリパスワード

  • iOS端末:設定アプリ⇒『メール/連絡先/カレンダー』⇒『Gmail』⇒パスワード入力
  • Mac:メール⇒環境設定⇒アカウント⇒『Gmail』⇒パスワード入力

このようにしてGmailを再設定し使えるようにします。この後「このパソコンを登録しますか?」といったメッセージが出るので、自分だけが使うプライベートなものであれば登録しておくのもいいですね。

3.Authenticatorの導入

この後Googleに関連するアプリの再設定を行なうわけですが、音声通話がいちいち掛かってくるのは非常にウザい。そこでgoogleが提供しているワンタイムパスワードを生成するアプリ『Authenticator』を導入します。

Google Authenticator
カテゴリ: ユーティリティ
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE

ネットバンクなどでよく使われるワンタイムパスワードのように1分程度だけ使えるパスワードを生成・表示してくれるアプリ。GoogleアカウントだけでなくEVERNOTEやDropboxでも利用できるのでおすすめです。

代わりにモバイル アプリでコードを受け取る

『代わりにモバイル アプリでコードを受け取る』を選択しアプリとGoogleアカウントを関連付けます。

画面にQRコードが表示されるので、Authenticatorを起動させ右上のアイコンをタップし『+』をタップでQRコード読み取りカメラが起動します。

読み込んだ後、アプリに表示されるコードを画面に入力すればOKです。

4.バックアップコードの発行

ここまででiPhoneのアプリ(Android・WindowsPhoneも可)を使った二段階認証の設定は完了しているのですが、もし端末が無くなったら?アプリを何らかの事情で削除してしまったら?

二段階認証が自分の首を絞める事にもなりかねません。そこで!バックアップコードを取得しておいていつでも二段階認証を解除できる状態を作っておきましょう。

バックアップコード

バックアップコードのところで『印刷またはダウンロード』をクリックすると計10個の1回だけ使用できるバックアップ確認コードが生成されます。これを保存しておけば何らかの問題が発生した場合でも復旧が可能になりますね。

因みにバックアップコードは追加も出来るようなっています。

上手く全ての端末で見れる状態にしておくと1つが駄目になってもいけると思うので、必ず取得しておきましょう。

まとめ

個人情報の漏洩がきっかけでGmailからGoogleアカウントが乗っ取られるなんて被害も増えてきています。パスワードを使いまわしている方は特に注意が必要なんですが、そうでない方も何がキッカケでアカウントの乗っ取りに合うかわからないご時世です。

合わせて読みたい

こういった2段階認証が設定できるものは出来るだけ導入しセキュリティリスクから身を守りましょう。

1Password新機能『Watchtower』を使ってOpenSSL脆弱性を対策していく方法1Password新機能『Watchtower』を使ってOpenSSL脆弱性を対策していく方法
OpenSSL『Heartbleed』脆弱性の脅威から守るために『1Password』が活躍します。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。