Gifアニメをカードにして送れるサービス『Gifpop』

SPONSORED LINK

Gifpop

最近ブログ記事なんかでもよく見かけるGifアニメ。動画を切り取ったような動く画像なんですが、このGifアニメ画像をカードにしてくれるというサービスがあるんです。

これは色んな事に使えそうって事で情報をシェアしたいと思います。


Gifpopの仕組み

カードが動くといってもデジタルカードではなく、ごく普通のカードです。では何故カードがアニメーションするのかというとこれ

Gifpop
[photo:gifpop]

これ『レンチキュラーカード』っていう技術だそうですが、カードの見る角度を変えることでカードに書かれた画像が動くように見えるというもの。

Gifpopの動くカードの正体はこのようなカードなんですね。ただ発想が凄く素晴らしい!

アニメーションGIFファイルをオンラインからアップロードすると、なんと、最大10コマまでの動くカードにしてくれるのです。GIFアニメーションファイルの他、VineやInstagramなどの動画も対応。自分で「動くカード」が作れるなんて楽しそう!

roomieで紹介されていたのですが、コマ数の多さとVine等の動画共有サービスのものからも動くカードが作れるというのはいいですよね。

子供の成長を離れた家族に写真やDVDで送るのもいいですが、いつでも見れるカードにしておくとかなりオシャレな気がしますし、もらった両親も嬉しいですよね。

他にも何かのイベント(学校の部活や結婚式など)でカードを作って思い出を全員で共有するのにも凄く使えると思います。

Gifpopの料金

  • 名刺サイズ:12ドル
  • はがきサイズ:15ドル

日本への発想も可能なようです。私はカードサイズでいつも財布に入れておきたいかな

1枚あたりの金額なので少々割高な気もしますが何かの記念で考えるなら問題ないですよね。早速作成してインドネシアの妻の両親に送ってあげようかと思います。

リンク:Gifpop

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。