Dropboxアプリの新機能『スキャン』の使い方

Dropbox scan

iOSアプリのDropboxにスキャン機能が追加されていたので使ってみました。そこで簡単に使い方をまとめておきます。

Dropbox スキャン機能の使い方

スキャン方法1

起動すると下部に『+』のアイコンが追加されている(アップデート後初めての起動の場合は下部メニューを切り替えてると出てきました)のでそこをタップします。

スキャンメニュー

表示されたメニューから『ドキュメントをスキャン』を選びます。

スキャン画面から結果

スキャンしたい書類を用意し撮影するわけですが、この時自動で範囲選択がされます。(青枠)
若干距離を取ったほうが撮影しやすかったかな。

写真を撮るとこのように範囲がスキャンされます。この時に下部中央のアイコンで微調整も可能です。

範囲選択を調整したりコントラストの調整も可能です。

スキャン保存

思い通りに仕上がったら右上の『次へ』をタップし保存形式(PDF・PNG)を決めて保存先を選択して保存します。

使ってみて思ったのですが、スキャン専用アプリに劣らず使いやすかったです。まぁ簡単に誰でもDropboxに書類をストックできるという点ではありがたいですね。

OCR機能はビジネスユーザーのみ

スキャンアプリで気になるのは文字を自動識別してくれるOCR機能なんですが、この機能はDropbox Businessユーザーのみが使える機能のようです。しかし現在英語にしか対応していないようなのであまり使用は出来ないかと思います。

まとめ

他のスキャンアプリに比べOCR機能然りやはり機能的には劣りますが、これで十分だという方も多いのではないでしょうか。Dropboxユーザーならアプリは入れていると思うので積極的に使っていきたい機能ですね。

Dropbox
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。