Dropboxショック!ファイルが消える不具合とアカウントの流出そして自分で出来る対策方法

SPONSORED LINK

Dropbox file

昨日すごく目に着いたのはDropboxに関しての記事ではないでしょうか。

ファイルが消える不具合とパスワードの流出騒動、いずれも未然にユーザーが取れる対策があります。この辺りを今後のためにも書いておきます。


ファイルが消える不具合と今後の対策

ファイルが消えるという不具合の影響を受けた可能性のあるユーザーは「デスクトップ版Dropboxで選択型同期(フォルダを選択して同期)」を行っていたユーザー。
同期するフォルダを選択している最中にDropboxアプリが終了(再起動)した場合にファイルが消えてしまうという不具合だそうです。被害の可能性があるユーザーに対してはDropboxからメールで連絡が入っているようです。
引用元男子ハック

取り敢えずメールが届いていない方は大丈夫のようですが、今後同じような不具合が起きないとも限りません。そこでデータは更にバックアップ用のクラウドサービスを利用することをオススメします。

私の場合は基本的にメインで使うのはDropbox。共有フォルダ等で作業の同期も出来ますし、利用者も非常に多いのでどうしても主力になります。

ただ今回のような不具合がなかったとしても共有相手の操作ミス等からデータが消えるというリスクももちろんあるわけですから、定期的にboxにデータをバックアップしています。

私は週末に週1回の頻度ですが、これでも0になるよりは全然マシですよね。

パスワードの流出と2段階認証

Dropbox利用者、合計700万件のユーザー名とパスワードが流出したとしたらそれは大問題だ。これについてDropboxはサービスそのものはハックされていないと発表。他のサービスから流出したID/パスワードを使ってDropboxを含む他のサービスに悪用して不正ログインをしているとのことだ。
引用元:gori.me

パスワードを使いまわしている方は意外に多く、1つのサービスで流出しちゃうと芋づる式にやられちゃうってわけです。

コレに関しては自分で様々な対策が出来ます。まずは2段階認証を設定しておくと言う事

Dropbox 2段階認証を設定して大事なファイルを守るDropbox 2段階認証を設定して大事なファイルを守る
Dropboxの2段階認証の導入方法を書いています。

2段階認証を設定しておけば、普段使用していない端末からのアクセスをブロックする他通知してくれるので速やかにパスワードを変更するキッカケにもなります。

もう一つの対策はID/PASSを使いまわさないことです。

IDはよくメールアドレスが使われるので仕方がないにしても、パスワードの使い回しは絶対にやめましょう。MacユーザーならSafariにキーチェーンといったパスワードを生成し保存してくれる機能もありますし、人気なのは1Passwordでのパスワード生成と管理です。

パスワード管理のお作法 1Password VS Mavericks iCloudキーチェーンパスワード管理のお作法 1Password VS Mavericks iCloudキーチェーン
パスワード管理ついての過去記事です。

1年前の記事ですがまだ全然内容は変わってません。変わった部分はiOSの1Passwordが無料化された事くらいですかね。

1Password
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE

まとめ

もちろんサービス側の責任は非常に大きくファイルの管理・パスワードの流出に対しての対策は今後益々強化すべきです。しかし使う側も便利だというだけでなくリスクを考えた上で利用することが大事ですね。

これを期会に利用しているクラウドサービスのパスワードを見直してみてはいかがでしょうか。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。