使わないファイルの押入れに『Copy』を使ってみた

SPONSORED LINK

Copy

Copyはクラウド・ストレージサービスで登録時に15GBの容量が無料で使えるサービスです。

現在DropboxとSugersyncそしてDriveeを使っている私が、何故Copyに登録したかというと使わないが捨てられないファイルの保管場所が欲しかったからです。

使用しないファイルは目につかない場所に

PCの中には使用しないファイルって溜まりますよね。ただ今後必要になるかもしれないと思えば、なかなか捨てられないのは皆同じだと思います。

勿論外部HDDにも入れているのですが、静かにHDDが終了した場合に完全に無くなってしまいます。それはそれで問題ないのですが、イザという時を想定して複数のバックアップを考えました。

クラウドの使い分け

  • Dropbox:ガンガン使うファイル・共有
  • SugerSync:Mac内のファイルの自動バックアップ
  • Drivee:過去のプロジェクトデータ保管
  • Copy:資料や素材で使わなくなったもの

このようにクラウドを使い分けることにしました。Copy自体はDropboxのようにフォルダ同期が可能なんですが、使わなくなったファイルの保存なので容量も勿体無いですし同期はしません。

まぁ必要になればWEBからダウンロードすればいいだけですね。

Copy登録に関して

まず何故Copyにしたのかというとdekaymaniaさんのこの記事

なんだか容量増やしやすそうじゃないですか!取り敢えず押入れ感覚で使うのに有料にするのは勿体無いのでCopyにしました。

5GB増やせるCopy LINK

Copy登録フォーム

上記をクリックするとこのような画面が表示され指名とメールアドレス、パスワードを入力するだけで登録は完了です。

使い方はまぁ簡単です。

それでは早速WEB版Copyを使ってみました。

Copy画面

右クリックでメニューを呼び出す事ができるので、まずはフォルダを作成しました。画像はフォルダの中にフォルダを作っているところです。

右クリックメニュー

何もない場所での右クリックでは上記のような表示が表れます。新しくフォルダを作成するか、この場所にファイルをアップするかを聞いています。

Copy 右クリック

フォルダ上で右クリックした場合はこのようなメニューに変わります。

フォルダを共有したり名前を変えたり、アップロード・ダウンロードが可能です。

Copy 操作方法

右上の『Actions』をクリックすることでもメニューが表示されます。
フアイルをアップしたいフォルダを選んでuploadを選べばファイルの選択になるので、ファイルを選んでアップすれば完了です。

まとめ

使ってみると思ったよりもサクサク動くのでファイルのアップも非常に楽でした。また共有ではメールでフォルダアドレスを送ることが出来るので共有しやすいかもしれませんね。

暫く使ってみて気付いた事があれば、さらに記事を書くかここに追記したいと思います。

Copy for iOS App
カテゴリ: 仕事効率化
価格: 無料

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。