クラウドで見積書・請求書を作成・管理出来るサービスまとめ

SPONSORED LINK

Invoice

これまでクラウドで請求書の作成とNumbersでの作成を使い分けてきましたが、最近面倒になってきて請求書・見積書を一元管理したいと思ってます。

そこで調べてみると様々なサービスがあったので覚書としてまとめてみました。


クラウドサービスを使う理由

Numbersでいちいち作成してもいいんですが、クラウドサービスを使ったほうがかなり時短になりますし管理がしやすいです。

大体のサービスの共通機能としては顧客情報管理・項目の管理が出来るようになっています。要は入力のサポートがかなり充実しているというメリットがあります。

また管理の上でもクラウド内で検索をかけれたり、一覧表示も非常に見やすくなっているので見返すのも楽ですね。そしてクラウドだけの管理が怖いという方もPDF保存しておけばPC内やDropbox、Evernoteで管理も出来ます。

見積り・請求書の管理は勿論ですが単価の管理等にも役立ちますね。消費税等をいちいち直す必要もなくなるのでクラウドでの一元管理に私は移行しようと思います。

では見積書・請求書を作成・管理出来るサービスをまとめてみます。

misoca

misoca

[特徴]

  • 料金:初期費用・月額利用料0円
  • 請求書・見積書・納品書の作成から発行・管理
  • テンプレートへの印影・ロゴ挿入可能
  • 請求書の郵送代行:180円/1通(税込み)
  • 見積書のFAX代行:60円/1通(税込み)
misocamisoca
フリーランス・小規模事業者に選ばれている

郵送しなければ無料で使える?って事で経費節減になりますね。機能的にも申し分ないですし郵送してくれるのもありがたい。顧客管理がどの程度まで使えるのかが気になります。

ZOHOインボイス

ZOHOインボイス

[特徴]

  • 料金:初期費用無料・年額無料〜年間36,000円
  • 請求書・見積書の作成から発行・管理
  • ZOHOの他のサービスと連携可能
  • スマホアプリ有り
  • 毎月の請求・メール作成等を自動化
ZOHOインボイスZOHOインボイス
無料版は登録できる顧客数やプロジェクト数に上限がある

現在毎月固定で請求している顧客用に利用しています。ただ無料版では上限5件というのが辛い。PDFで保存して印刷⇒郵送をもしくはメールでの請求になるので郵送には手間がかかります。

Make Leaps

Make Leaps

[特徴]

  • 料金:初期費用・月額利用料1,780〜197,000円
  • 請求書・見積書・納品書・領収書の作成から発行・管理
  • 書類の郵送代行:199円/1通
  • Evernote同期機能
Make LeapsMake Leaps
7つのプランによって登録できる顧客数に上限がある

最安値の月額1,780円のプランでも登録顧客数上限が25件というのは厳しいかもしれませんね。作成した書類をEvernoteに同期できるのは面白い機能だと思います。

CLOUDPAPER

CLOUDPAPER

[特徴]

  • 料金:初期費用・月額利用料0円
  • 請求書・見積書の作成から発行・管理
  • 郵送代行サービスは近日実装予定
  • テンプレートへの印影・ロゴ挿入可能
CLOUDPAPERCLOUDPAPER
クラウドであなたの見積書/請求書を作成・管理。場所やパソコンを選ばずにどこからでも、あなただけのオフィスツールとしてご利用いただけます。

こちらも無料で使える請求書・見積書を作成出来るサービス。現在はメール送信もしくはPDF出力での対応。顧客管理も出来るようですが上限は不明

見積りオンライン

見積りオンライン

[特徴]

  • 料金:初期費用・月額利用料0円・500円
  • 見積書の作成・送付・管理、請求書の作成・管理
  • 申し込み月は無料で使える
  • 会計ソフトメーカー『ビズソフト』が開発
  • iPhone専用アプリあり
見積りオンライン見積りオンライン
見積書~請求書までをスマートに。インストールの必要もなく、すぐに利用いただけます。

基本見積書メインのサービスのような気がします。会計ソフトメーカーが開発という信頼感はありますが、郵送代行はないようです。無料プランでは8枚までの登録上限ということで無料では使い物になりません。

freee

freee

[特徴]

  • 初期費用・月額利用料0円
  • 請求書・見積書・納品書の作成から発行・管理
  • クラウド会計サービスと連携
  • テンプレートへの印影・ロゴ挿入可能
freeefreee
freeeの無料版を利用しているユーザーでも請求書等の作成は可能です。

freeeは会計ソフトとしても優秀ですから一元管理的に利用するのにいいですね。特にMacユーザーで確定申告や月々の会計処理を考えている方には月額980円のプランがおすすめです。

MFクラウド請求書

MFクラウド請求書

[特徴]

  • 料金:初期費用・月額利用料0円(β版)
  • マネーフォーワードのビジネス版と連動すれば売掛に自動で処理
  • 請求書・見積書・納品書の作成から発行・管理
  • 郵送代行もワンボタンでOK(正式版リリース時)
  • テンプレートへの印影・ロゴ挿入可能
MFクラウド請求書MFクラウド請求書
現在ベータ版です。

マネーフォワードforビジネス(月額無料プラン・800円プラン)と合わせて利用すれば会計処理がもの凄くはかどりますね。freee同様かなり使えそうなサービス

まとめ

結構いろんなサービスがありますね。

misoca・Make Leaps・CLOUDPAPER・見積りオンラインのように完全に見積書・請求書の作成管理に特化したサービスとfreee・MFクラウド請求書のようにクラウド会計やZOHOインボイスのような企業向けクラウドサービスというようにメインのクラウドサービスの機能の一部のような2つのパターンになりますね。

それで私はどれを選ぶのか条件を書いてみると

  • 無料で利用できる
  • 郵送代行がある(有料)
  • 顧客管理の上限数

これらを考慮して後は使い勝手なんですが、そこは使ってみないと分からないので『misoca・CLOUDPAPER・MFクラウド請求書』あたりを登録してみようと思ってます。

いきなり当たりがあればいいんですが、この辺りはまた記事にしようと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。