ネットでものを売る視点を先人に学ぶ!

SPONSORED LINK

WEB 販売

皆さん儲かってますか?へぇ〜ぼちぼちですか
ということでネットでものを売るとはネットショップやアフィリエイト・ヤフオクなんかもありますが、まず商品ゴリ押しのページではものは売れません。

何かを売ろうとしているのかではなく、自分はこうなったという体験が販売につながるのです。

商品販売につながるユーザーの行動を考える

ネットでものを購入するユーザーには大きく2つのパターンがあると思います。

  • ふと出会った記事で衝動買い
  • 欲しい商品の比較・評価を検索して難得して購入

この違いって実は大きな意味があって、前者はブロガーの販売の流れに多くアフィリエイターにはない販売経路なんです。

まず、商品販売のアフィリエイトページにファンは生まれません。しかしブロガーにはブログのファンが生まれます。そういったファンはブログの更新記事を読み初めて商品を目にして、衝動買いにつながるわけです。

一方後者の場合はブログ・アフィリエイトサイト・ネットショップ共にありえるわけですが、専門性から考えるとアフィリエイトサイトが強いように思います。(勿論しっかりと記事を書いている場合です)

ただし、どちらを選んだ場合でも商品の特徴を紹介しているだけでは売れません。特徴なんかはメーカーのサイトを見ればいいんですから。

読者が欲しがっている情報はその先にあるのです。

購入後の未来が見える体験や考えを書く

商品体験談

欲しいと思って購入した商品、そりゃ使い倒しますよね。そして大事なのが使い倒した結果どうなったのか。この行き着いた考え、体験談が購入者が求めているものです。

勿論使っていくうちに考えは変わって行くこともあるでしょう。その過程も全て記事にしていいと私は思います。

実際私が紹介しているAmazonの商品で一番売れているのは

ダントツでこの書籍です。記事がシェアされた実績もあっての事なんですが、シェアされるくらいGTDに関しては試行錯誤を繰り返しています。

そしてこれまでの記事には実践した結果、このようになったという内容が書かれています。

購入者は、購入後の自分の未来を求めているのです。

他の類似品に比べて自分がコレを選んだ理由

では購入後の体験談でないと商品は売れないのか?
確かに購入後の体験談、そして自分が得た未来は非常に効果の高い記事でしょう。ただ何かの商品を選ぶために、自分が調べた内容も体験談なのです。

そう商品比較

世の中に類似品は山ほどあります。例えばiPhoneとAndroidはOSは違えど同じスマートフォンというくくりですよね。特にAndroidは数多くのメーカーから端末が出ています。

何故iPhoneユーザーになったのか。何がしたかったからiPhoneを選んだのが?

比較に関しての記事で、単純にスペックの違いだけを書いても読者の参考にはなってもツマラナイですよね。そこに+αで自分が決意した1点を盛り込むと効果は大きく変わります。

これはブログ・アフィリエイトだけでなくネットショップでも有効です。

「モノ」を売るな! 「体験」を売れ!

ネットだけでなく売上が上がらないのは、購入者にとって購入後の未来が見えないから興味が湧かないんです。

物・サービスのブランディングはユーザー体験によって成されるものなのです。

この書籍の凄いところは2001年に書かれた内容が、現在に最適化はされていますが根本的な購入者心理を付いているところだと思います。

スマホやタブレットの普及とソーシャルでさらに急速にインターネットが普及しています。これから半年先、1年先を見据えて売上を上げるための購入者目線を本当に考えないといけないですね。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。