遠近感のある文字入れ写真アプリ『PERSTEXT』が機能強化アップデート

SPONSORED LINK

Prestext update2015

背景の傾きにあったテキストが入れれると便利ですよね。そんな遠近感のあるテキストが入れられる写真アプリ『PERSTEXT』が機能強化アップデートで更に便利になってます。

以前紹介した記事と合わせて新機能もまとめてみます。

PERSTEXTの使い方

作成例

基本的には文字を入力し上下の配置を線で指定するだけ!上下線の間に文字が自動で配置されます。

テキスト配置の微調整としては編集・傾き・微調整を使って文字の遠近感や方向などを簡単に調整できます。書体・色を使えば文字の色やフォントの変更も可能です。

基本操作は過去記事を御覧ください。

遠近感のある文字を簡単に配置できる写真アプリ『PERSTEXT』遠近感のある文字を簡単に配置できる写真アプリ『PERSTEXT』

過去記事

では更に使いやすくなった機能をまとめていきます。

移動・拡大(縮小)

移動・拡大機能

テキストの移動や大きさの変更がすごく簡単に出来るようになってます。移動メニューを選択し写真上で好きな場所に移動が可能。またメニュー上のスライダーで文字の大きさの微調整が出来ます。

コピー

コピー機能

テキストの複製も非常に簡単。文字を選択した状態でコピーボタン(右下)をタップするとアプリのボックスにストックされます。上のメニューの『読出』をタップすると候補が表示され選択すれば写真に貼り付けられます。

このコピーの優れた点は書式・傾きも引き継がれる点です。方向が同じなら文字編集でテキストを変更すればいいですし、逆に文字はそのままで向きを変えたければ編集や傾きで背景に馴染ませればOKです。

豊富なフィルタ

フィルタ機能

フィルタも12種類追加されジオラマ・ビネット・ズーム(右端写真)のように利用シーンが多そうなものが多々見られました。

SNSに投稿したり簡単なポスターのような使い道でも十分に使えるアプリだと思います。

まとめ

使用者の工夫で本当に面白い作品が出来るような気がします。出かけた時に撮影した写真をパパッと加工してSNSに投稿しても非常に楽しめるので暇つぶしに是非試してみてはいかがでしょうか。

参考:PRETEXT WEB(ギャラリー)

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。