Pixelmator 3.4リリース!Mac写真アプリ機能拡張の設定方法と使い方

SPONSORED LINK

Pixelmator 写真アプリ機能拡張

Pixelmator3.4がリリースされました。今回のアップデートでSprit Viewや写真アプリの機能拡張が出来るようになっています。

今回は写真アプリの機能拡張の設定方法と機能の紹介をしてみようと思います。

写真アプリ機能拡張の設定方法

システム設定

Pixelmatorアップデート後にまず写真アプリの拡張機能として使えるように設定します。

システム環境設定アプリから『機能拡張』を選択します。

pixelmator3_4-photos02.jpg

写真でPixelmatorにチェックを入れればOKです。これでMac標準の写真アプリの編集→拡張機能からPixelmatorのものが使えるようになります。

手順:システム環境設定→機能拡張→写真→Pixelmatrにチェック

写真アプリでPixelmator機能の使い方

使い方

では簡単に使い方や機能の紹介をしていきます。

まず写真を一枚選択し右上の『編集』をクリック、そして右に表示されるメニューの一番下『機能拡張』をクリックするとPixelmatorが出てくるのでクリック

Pixelmatorメニュー

すると右側のメニューがPixelmatrの機能拡張に変わります。ではどういう機能か解説しておきます。

Warp

Warp

写真の一部分を引っ張ったり縮めたりすることが出来ます。例えば写真の黒い人形の顔部分に注目して欲しいのですが、右下に顔が引っ張られているようになっています。

自分撮りの写真を使ってエラ部分なんかを引っ込めたりして小顔にしたりする時に使えます。

使い方はドラッグして引っ張るように使います。

Bump

Bump

写真の一部を拡大する事が出来ます。写真では黒い人形の顔部分が大きくなっているのが分かると思います。

使い方は拡大したい部分にサークルで囲ってクリックした状態で押し続ければだんだん大きくなります。

Pinch

Pinch

PinchはBumpとは逆にだんだん小さくしていきます。写真では黒い人形の顔部分が小さくなっているのが分かると思います。

使い方はBumpと同じで縮小したい部分をサークルで囲ってクリックした状態で押し続ければだんだん小さくなります。

Twirl Left & Right

Twirl Left & Right

サークル(範囲)内を左回転・右回転させます。写真では黒い人形の顔部分が左に回転しているのが分かると思います。

使い方は回転させたい範囲をサークルで囲ってクリックした状態で押し続けます。BumpやPinchと同じですね。

Restore

こちらは加工した写真を元に戻すメニュー。囲った範囲内を元に戻してくれます。

まとめ

写真アプリの基本機能と合わせて使えばいろいろと写真編集が楽しめますね。微調整に使うだけでなく大胆に加工しても面白いと思います。

Pixelmator
カテゴリ: グラフィック&デザイン
価格: ¥3,600(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。