Pixelmatorを使って説明用写真にスポットライトをあてる方法

SPONSORED LINK

ピクセルメーター スポットライト加工

ブログや資料作成時に何かの説明をする場合、画像にスポットライトが当たったような加工をすれば非常に見やすいですよね。Macの写真アプリ『Pixelmator』でも簡単にできるので書いておきます。

初心者向けの記事になっているのとPixelmatorを使いこなせないという方向けになっています。


写真にスポットライト加工をする方法

実はこの方法OixelmatorだけでなくPhotoshopでも同じ手順で出来るようになっています。と言うことはPixelmatorって安価なのに優秀ですねw

では早速書いていきます。

1.新規レイヤーを追加します。

新規レイヤー追加

今回は下のドックにあるPixelmatorのアイコンにスポットライトを当てようと思います。

レイヤーとは写真の上に透明のフィルムを被せたと考えて下さい。その上に落書きしても元の写真は汚れませんよね。

追加方法は右上のレイヤーパネル左下部の+をクリックすれば追加されます。

2.新規レイヤーを黒で塗りつぶす

塗りつぶし・不透明度の調整

新規レイヤーが選択されている状態で黒に塗りつぶします。この時画面が当然真っ黒になるので調整する必要があります。

3.不透明度を調整する

レイヤーパネル下部に不透明度調整のスライダーがあるので左右に動かして元画像が透けて見える具合を調整します。

4.スポット部分の範囲選択

範囲を選択

目立たせたい部分が収まるように範囲選択を行います。左メニューの上部に点線で枠になっているアイコンが範囲選択アイコンです。

5.範囲を切り抜く

範囲の切り抜き

範囲が選ばれている状態でキーボードの『deleteキー』を押せば、範囲部分が切り取られます。現在新規で追加し黒で塗りつぶしたレイヤーが選ばれているので、そのレイヤーだけが切り取られるわけですね。

注目して欲しい部分を目立たせることが出来ました。

まとめ

手順を再度おさらいしておくと

  1. 新規レイヤーを追加
  2. 新規レイヤーを黒で塗る
  3. 背景が透けるように調整する
  4. 目立たせたい部分を範囲選択
  5. 範囲を切り抜く

それほど手間をかけずにPixelmatorでスポットライトが当たったような加工が出来ました。

Pixelmator
カテゴリ: グラフィック&デザイン
価格: ¥3,000(記事公開時)

APP STORE

実はこのスポットライトをあてる方法として、もっと簡単に出来るアプリもあります。

ブロガー必携のMacアプリ!画像を簡単にスポットライト加工できる「Light Up」ブロガー必携のMacアプリ!画像を簡単にスポットライト加工できる「Light Up」
参考:男子ハック

Pixelmatorを持っていない方は非常に便利だと思います。持っている方は折角なのでPixelmatorを使ったほうがいいですよね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。