【Pixelmator 】モノクロ写真へ編集する基本的なやり方

SPONSORED LINK

Pixelmator Monocro

PixelmatorのMac版・iPad版を使って風景写真をモノクロに変更する基本的な調整方法についてまとめてみました。今回は初心者向けのやり方程度で記事にしています。


私がモノクロにする写真

私は結構モノクロ写真が好きで、撮影した写真は一度モノクロにしてみたりします。モノクロは人物・風景問わずに使えますし、腕がなくてもカッコイイ写真に仕上がるというのが本音なんですが(笑)

ただそんな私でも全くモノクロにしない写真もあります。

色を見せたい写真

例えばこの連続する鳥居を撮影した写真のように色があってこそ映える写真ってありますよね。言わば色を見せたい写真です。

カラー・モノクロ比較

この写真をモノクロにしちゃうと味気ない写真になってしまいます。このような写真は当然試すような事もしません。

無機質な風景

逆にモノクロで見てみたくなるのはこのように無機質な風景といいますか、モノクロにすることでよりスタイリッシュになるのでは?と思う写真です。

当然好みによりますが、Pixelmatorでは簡単に白黒に変換できるので試してみるのにすごく便利です。

Mac版 モノクロ写真にする方法

Mac版Pixelmator

まずはMac版からですが、メニューバーの『表示』⇒『エフェクトを表示』でエフェクトプラウザを表示しておきます。その中の白黒をダブルクリックします。

白黒エフェクト

写真は白黒に変わり微調整のためのパネルが現れるので、カラー部分のスライダーを回したり、明度・コントラスト・粒のスライダーを調整し好みの写真に仕上げます。

こうして仕上げたのが写真がこちら

Pixelmatorで作成したモノクロ写真

Pixelmator
カテゴリ: グラフィック&デザイン
価格: ¥3,000(記事公開時)

APP STORE

iPad版 モノクロ写真にする方法

iPad版 Pixelmator

iPad版はMacのデータが引き継げるようになっているので選んで、右上のツールアイコンから『エフェクトを追加』をタップします。

エフェクトを選ぶ

下部のエフェクト一覧から『白黒』を選びます。

更に調整エフェクト

更に調整エフェクトが表示されるので、タップして写真を確認しながら好みのものをダブルタップして適用します。

このようにiPad版では選択するだけでカッコイイモノクロ写真に仕上がるようになっています。

Pixelmator
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥500(記事公開時)

APP STORE

まとめ

今回は基本的なやり方なのでここまでですが、更にトーンカーブを弄ったり調整することで写真を仕上げていきます。このトーンカーブなどについてはまた後日説明してみようと思います。

最後に今回使用した写真はフリー写真素材のぱくたそを利用しています。

ぱくたそぱくたそ
フリー写真素材・ダウンロード

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。