iPhone版Pixelmatorの機能を簡単にまとめてみます

SPONSORED LINK

Pixelmator iPhone版

PixelmatorのiOS版はユニバーサル化してiPhoneでも使えるようになったわけですが、iPadに比べ画面の小さいiPhoneで利用する場合は操作が同じでも少し勝手が違います。

また機能も多いので購入前にどんな機能があるのか知りたい方向けに簡単にまとめてみたいと思います。

Pixelmator iPhone版機能のまとめ

写真の取り込み

写真の取り込み

左上のイメージをタップすれば写真を取り込むことが出来ます。また作成した写真の管理(iCloud内)もここから可能です。

他にこの写真の上にレイヤーを追加して違う写真を取り込む場合は右上にある『+』をタップします。そこから文字の追加も可能です。

ツールの種類

写真編集ツール

  • ペイントと消去
  • レタッチ
  • 歪み
  • カラーを調整
  • エフェクトを追加
  • 選択
  • 切り取り

写真の編集ツールとしてこれらがあります。これはあくまでもメニューでこのツールの中から様々な調整が可能になっています。

ペイントと消去

まさしくペイントツールで指やタッチペンで画面をなぞってお絵かきをすることが出来ます。様々な種類のブラシの中から選択して書いていくのは楽しいですね。

レタッチ

レタッチ

レタッチは写真上を指でなぞった部分に効果が適用されます。指でなぞった場所だけ明るくしたり少しぼかしたりと最後の調整に使えるツールです。指でタッチした際の影響範囲やエフェクトの強さも微調整出来るようになっています。

歪み

歪み

指でなぞった部分をなぞった方向に変形させることが出来るツールです。所謂小顔にしたりするのもこの機能、ただ背景もついてくるので弄る際は注意が必要です。

面白い写真やレイヤーで追加した写真を変形させて馴染ませたりするのに使えます。

カラーを調整

カラー調整1

写真をまず大きく変える場合に使用するのがこのツール。簡単にセピアや白黒を選んでもいいですし、レベル・明度・コントラストをスライダーで調整して暗い部分を見せたりも可能。

レベル調整

他にもホワイトバランスや曲線も使えるので本当に細かな調整が可能です。

曲線

因みに曲線は真ん中の方を上に上げると明るくなり、下に下げると暗くなります。

エフェクト

エフェクト

エフェクトはこのライトリークのような派手なエフェクトだけでなく、様々な物が用意されています。例えば写真にノイズを加えた良い場合はノイズを選んで

ノイズ

サークルを回すようにタッチするとノイズの濃さを調整できるようになっています。

色相と彩度

他にも『色相と彩度』を選択すればこのように写真の色を簡単に調整が可能です。

出来上がった写真を保存と共有

保存と共有

写真が思い通りに仕上がったら右上の右端の共有アイコンをタップします。ファイルとしてiCloudや写真に保存したり別アプリで共有して使うことが出来ます。

Instagrmに移してSNSに共有するのも簡単ですね。

まとめ

このPixelmatorをiPhoneで使っていて思ったのがiPadと違って画面の小ささが非常に気になります。写真アプリ全般に言えることですが、こうした指でなぞって調整できるような写真アプリは横向き(ランドスケープ)で使った方が確実に使いやすいので試してみてくださいね。

それにしてもPixelmatorかなりの良アプリだと思います。今後は色々と例を上げて写真加工を記事にしていきたいと思います。

Pixelmator
カテゴリ: 写真/ビデオ
価格: ¥600(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。