Pixelmatorでオリジナルアイコンを作ってみよう

SPONSORED LINK

Pixelmator アイコン作成

Pixelmatorを使ってSNS等に使えるアイコンの作成方法について書いてみたいと思います。今回のアイコンは写真のような円形の枠線内に写真が配置されているパターンのものですが、このやり方を覚えればいろいろと応用が効くと思います。

1.正方形に写真を変更

写真選択

まずはPixelmatorでアイコンにしたいイメージを選択します。

私は息子との写真を選んでみました。ただSNS等で使えるアイコンは正方形の方が利用したすいのでまずは写真を正方形に変更します。

サイズ変更

メニューバーのイメージ内にある『キャンパスサイズ』を選択し縦横の数字を正方形になるように同じ大きさに変更します。

2.円形に切り抜く

範囲選択

写真が正方形になったら次に円の範囲選択ツールで円形に選択します。このとき『shiftキー』を押しながら範囲選択すると正円で選択することが出来ます。

イメージとしては正方形の写真の端から端をshiftキーを押しながら対角線上に移動させるとバッチリです。

選択範囲

現在の状況は円形の範囲内を選択している状況なので、削除したい部分の円形外を選択するためにメニューバーの編集から『選択範囲を反転』をクリックします。

これで円形外が選ばれた状況なのでキーボードの『deleteキー』を押します。

範囲内の消去

アイコン外の選ばれている部分が消去されました。

3.枠線を入れる

次に写真の周りに枠を入れます。
現在範囲が選ばれている状況なので、メニューバーの編集にある『線』をクリックします。

枠

解りやすいように青色で表示させていますが好きなカラーを選んで下さい。また枠線の位置としては位置の内側を選択するといいでしょう。

4.エフェクトをかける

エフェクト

最後に写真の微調整なんですが、今回は簡単にエフェクトをかけてみました。今回最後に調整してますが実際は写真選択後に調整して切り抜いていく流れのほうがいいと思います。

出来上がった画像は拡張子をPNG形式で保存しておけば使い回しが聞きやすいのでおすすめです。

まとめ

実際Pixelmatorを使ってのアイコン作成もやってみると5分もかかりません。アイコン作成専用の便利なMacアプリもありますが、Pixelmatorでやったほうが楽しいと思いますよ。

Pixelmator
カテゴリ: グラフィック&デザイン
価格: ¥3,000(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。