OS X Yosemite 10.10.3 Photos(写真)アプリが追加されたのでApertureから移行

SPONSORED LINK

Photos Aperture移行

Yosemite10.10.3のアップデートでいよいよPhotos(写真)アプリが追加されました。これに伴いiPhotoやApertureの開発終了ということでApertureの写真を写真アプリに取り込んで少し使ってみました。

Apertureからの移行方法

Apertureの写真データ読み込み

iPhoto・Apertureユーザーも安心で初期設定を進めていけば現在Macに保存されているApertureのライブラリを読み込んでくれます。

ライブラリの選択という部分で、Aperture利用時に何も設定していない方は表示されている『iPhoto Library.photolibrary』を選択すればOK!別のライブラリを作成している方は『その他のライブラリ』から該当のものを選択すればOKです。

iCloudとの連携はどうする

iCloudフォトライブラリ

次にiCloudフォトライブラリとの連携を聞かれますが、私は今回は使用していません。というのも私はApertureで一眼レフで撮影したRAW画像なんかを大量に入れていたので容量が心配だということ。iPhoneで見た時に写真の数が多くなりすぎるのも面倒だなぁということで『今はしない』を選びました。

勿論写真をiOSでも利用できるようにしたい方はiCloudフォトライブラリは凄く便利ですし使ったらいいと思います。まぁ後からでも出来るので、少し写真を整理してからにします(笑)

Mac写真アプリの簡単なレビュー

本格的な使い方は暫く使ってまた更新していきます。今回は少し触って思ったことなんかを書いていきます。

まず全体的な感想として結構重いというか、写真編集機能を使うと非力なMBA2011モデル メモリ4GBではファンが過激にまわります。PhotoshopやAperture使ってもファンは動かないのに。まぁ大量の写真を一気に読み込んでいるからかもしれませんが、読み込んだ後に1枚表示させないと一覧では真っ白で表示されている写真もありました。

写真管理

写真管理

全体写真の管理(撮影年・場所・細かい日付)等でiOSと同じように管理できます。またアルバムをApertureで作っていた方(フォルダ分け)はアルバムという場所で仕分けされた表示が出来ます。

この管理が使いやすいかと言われればiOSに合わせる必要ってあるのか?と正直疑問を感じますが慣れれば問題なくなるんでしょうね。

追記:写真のアルバム機能を使った管理についてまとめています。

Mac写真アプリでイベント毎のアルバム機能の使い方Mac写真アプリでイベント毎のアルバム機能の使い方

りんご人

写真の編集・調整

写真編集機能

写真を選択時に『Enterキー』を押すと写真編集機能に変わります。編集機能は背景が黒になるのでわかりやすいですね。

ではこの写真を少し弄ってみます。

フィルターの適用

フィルタメニューで1つ選んでみました。このようにフィルタを使えば簡単に写真を好みに変更する事が出来るのはiOSと同じですね。

次にこの写真の中のものを何か消してみましょう。

削除ツール

スポット修正ツール(バンドエイドのようなアイコン)をクリックし枠の大きさをスライダーで決定して飛行機の中の1部分をクリックして選んでみました。

JALのマークが綺麗に無くなってますね。Photoshopなんかでも人気の機能がMac写真アプリにはついています。

まとめ

まだまだ利用した時間が短いので結論を出すべきではないのかもしれませんが、Apertureを使っていたユーザーには物足りないと思います。Apertureの開発終了は寂しいですね(まだ使えますが、自動でPhotosとは同期されません)。

ただライトユーザー向けの写真アプリにはそれはそれで良いところも沢山ありますし、何より誰でも簡単に使えると思います。

写真のもっと突っ込んだ管理方法や編集についてはまた改めて記事にします。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。