Mac写真アプリでイベント毎のアルバム機能の使い方

SPONSORED LINK

アルバム機能でイベント毎に管理

Yosemiteのアップデートで導入された写真アプリ。これまでiPhotoやApertureを使っていた人を悩ませるのは写真の管理方法だと思います。

旅行などのイベント毎にこれまでプロジェクトを作って管理していたのにどうすればいいの?という方にアルバム機能を使った写真の整理方法を書いてみます。

アルバム機能の使い方

新しい写真アプリでの写真整理には上部中央の『アルバム』を選択し行います。では写真の整理についてまとめていきます。

1.アルバム機能の配置

アルバム機能の配置

アルバム機能では上下2段に分かれていて、上部は自動で仕分けされる部分(だと思う)下段は独自でフォルダやアルバムを作成し整理していく部分になります。

2.フォルダ・アルバムの作成

フォルダやアルバムの作成

マイアルバムの範囲内で右クリックするとメニューが表示されます。新規アルバム・新規フォルダが作成できます。ここでアルバムとフォルダの違いを書いておくと

  • アルバム:複数の写真をまとめる場所
  • フォルダ:複数のアルバムをまとめる場所

写真を現像に出した時に小さなアルバムが5つくらい入ったものが貰えた経験がある方はアルバムは小さなアルバム1冊1冊でフォルダはそのアルバムを入れてる箱ということです。情報が古くて逆に解りにくいかな(笑)

3.アルバムの作成と写真の整理

アルバムの作成と写真の整理

作成したフォルダ内にアルバムを新規で作成し写真を整理してみます。因みにBaliというアルバムも少し前に作ったものです。

新規アルバム

右クリックから新規アルバム作成を選択しアルバムのタイトルを入力します。(今回は旅行フォルダなので海遊館で作成してみます)

写真選択

写真の一覧が表示されるので該当する写真を選択し右上の『追加』をクリックするとアルバムが完成します。一枚一枚選ばなくても範囲選択も可能ですし、基本的には同じアルバムにはよく似た日付のものが入ると思うので整理は非常に簡単だと思います。

アルバムの完成

これで海遊館に行った際のアルバムが完成しました。

その他チェックポイント

フォルダは必須ではない

フォルダは要らない

私は学校行事や家族のイベントなどで整理したかったからフォルダを作成してみましたが、アルバムだけで管理することも当然可能です。

イベント数にもよりますが、階層が深くなると管理が途端に面倒になるのでアルバムだけで管理するほうがいい方も当然いるでしょう。

また後からフォルダを作成してアルバムをドラッグアンドドロップで入れることも可能です。

アルバムを削除しても写真は消えない

アルバムはあくまで整理するためだけのものです。アルバムを削除したりアルバムの中から写真を1枚削除しても『全ての写真』の中には写真は消えずに残っています。

まとめ

アルバムを1つ2つ作成すれば直ぐに慣れてきますし便利な気がします。新しい写真アプリでの写真管理に悩んでいた方は是非この方法で写真を新たに仕分け直していらない写真も断捨離するとスッキリしますね。

編集機能の基本的な使い方はこちら

Mac写真アプリの編集機能の基本的な使い方Mac写真アプリの編集機能の基本的な使い方

りんご人記事

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。