iPhoneで出来る!食べ物を美味しそうに撮るたった2つのポイント

料理写真

自分で作った料理や食べに出かけた際の写真をInstagram等のソーシャルでアップする際に、撮影と投稿前にちょっとした事をするだけで誰でも美味しいそうな写真がアップできます。

そのたった2つの簡単なポイントをご紹介します。

1.全体写真よりも近接写真

全体写真

例えば「セットメニューや定食のボリュームをアップしたい!」というのであれば全体を写した撮影になるかもしれませんが、それでも出来れば寄せた写真の方がインパクトもあり美味しそうに移ります。

上の写真は『天ざるうどん』なんですが、やはり讃岐うどんなので見せたいのは『うどん』と言うことでこちら

食材に寄った写真

遠近感も出ますしうどんをメインに置くことで伝えたい事も伝わりやすいですよね。それにうどんがより美味しそうに見えませんか?

2.明るさの調整くらいはした方が良い

次は撮影後のアップ前にiPhoneの写真アプリを使ってちょっとだけ編集します。といっても直ぐにできる明るさ調整だけなのでやってみましょう。

明るさ調整

真ん中の写真がオリジナルで明るさ(左)・ハイライト(右)をそれぞれ調整しました。明るい店舗や太陽の光が指す窓際なんかで撮影した際はもしかすると不要なのかもしれません。

しかし投稿するケースで一番多いのは夕食時ではないでしょうか。ディナー時に眩しいくらいの光で食事する事なんてないですよね。そこで暗く写ってしまった料理を明るくするだけで、グッと美味しそうになるんです。

まとめ

今回は料理を写真でソーシャルに投稿したい時に、撮影時と投稿前の一手間として記事にしました。誰でも簡単に出来て、しかもやることはたったの2つです。

  • 出来るだけ接写する
  • 明るさの調整をする

こんな写真に食べた感想をつけて投稿すればきっと友達も行きたくなるでしょうね。お店の方も大喜び(笑)

他にも色んなテクニックはありますが、ソーシャルに投稿するくらいならこの2つを覚えておけばOKだと思います。是非覚えておいて一手間かけて投稿してみて下さい。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。