遠近感のある文字を簡単に配置できる写真アプリ『PERSTEXT』

SPONSORED LINK

Perstext

写真に合わせて文字に遠近感を持たせたい。でもiPhoneのアプリではこれまで少々面倒でした。

今日紹介する『PERSTEXT』はそんな遠近感のある文字の配置が非常に捗るアプリでポスターのような画像が簡単に作成出来ます。


PERSTEXT使い方

使い方

PERSTEXTは基本的に写真にテキストを入力するアプリで、そのテキストの幅や向きを指定することで写真に合わせた遠近感を持たせる事が非常に簡単に出来るようになっています。

写真の取り込み

起動させてNEWをタップすると写真を読み込むことが出来ます。読み込んだ写真のトリミング(サイズ調整)から始まります。Instagramに使う場合は『1:1』を選ぶといいですね。

次に写真に載せたいテキストを入力します。今回は特に意味もなく『ドーーーン』としてみました。

テキスト配置

次にテキストを配置する上下のポイント指定します。指で画面をなぞるだけでOK!このときは大体で配置すれば良くて細かな調整は後から編集できます。

移動や編集を使って好みの向きに変えてテキストの配置は完了です。

その他機能

フィルターも幾つか用意されているので写真を好みに変えて共有しましょう。また課金で100円使えばマスク機能(指でなぞった部分の文字を消す)も使えるようになります。

こうして仕上がった画像がコレです。

Perstext作成写真

まとめ

こういった写真はアイデア次第で面白い写真が沢山出来ますね。口が開いている画像に叫び声をつけるといった面白写真からポスターやチラシに使えるような写真まで簡単に作成できます。

アプリ内課金でモリサワフォントも追加出来るというのはプロ向けなんでしょうか(笑)

いよいよiPhoneでデザインが捗るようになってくるかもしれませんね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。