【iPhone初心者向け】接写で背景をぼかしてみよう

背景ぼかし

iPhone7Plusに搭載された「ポートレートモード」に敵いませんが旧式のiPhoneでも拙者を行えば背景はかんたんにぼけて写ります。

接写にチャレンジ

離れて写す

室内でしかも机上での撮影なのでハッキリと違いがわからないかもしれませんが、普通に写真を撮るとこんな感じです。とは言えこれも結構近いので後ろのUSBコード付近はぼけて写ってますね。

しかし!もっともっと近くに寄せて撮影すると

背景ぼかし

真ん中のダンボーに完全にピントが合った状態にすると背景は完全にぼけてきてますね。

あとはこれを利用して屋外でも撮影すれば味のある写真が撮れちゃうわけです。

屋外での近接撮影例

植物撮影

こんな感じで葉っぱや花などに近づいてピントを合わせれば背景は自然とぼけて撮影されます。極端な事を言えば手前に接写するもの用意さえすればOKですよね。

手で持った何かを通して撮影してもいいわけです。

今回意外と気づいていない方も多かったので、以前にも接写について書きましたが新たに解説のような感じで記事にしました。iPhoneで写真を撮影するのは楽しいので初心者の方は覚えておきましょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。