合成写真が簡単に作れるiPhoneアプリ『合成スタジオ』

SPONSORED LINK

合成スタジオ

写真の切り抜きを効率よくこなし他の写真と合成できるというiPhoneアプリ『合成スタジオ』をダウンロードして使ってみました。切り抜きの精度なども含めレビューしてみます。


合成スタジオの使い方

背景選択

まずは土台となる背景画像を選択します。下部メニューの一番左にある『背景』という部分をタップし私はライブラリから読み込みました。次にサイズの変更を調整して右上の『完了』タップで背景の設置は完了です。

写真の切り抜き

次に下部メニューの左から2番目のレイヤーをタップし合成する写真を選び切り抜いていきます。切り抜きにもいろんな方法があるのですが、人型であれば自動もしくはフリーハンドになると思います。

真ん中の写真がフリーハンドで範囲選択する場合の画像なんですが、大きなターゲット円が範囲を決定する場所で下の小さな円が指で動かすポインタだと思ってください。

注意としては自動もしくはフリーハンドは背景と切り抜きたい部分の色が大きく異なる若しくは背景が1色というケース意外は旨く切り抜くことは不可能です。そこで大雑把に切り抜いた後に消しゴムツール等を使って丁寧にいらない部分を削除していきます。

削除する場合は削除部分のカーソルを右上の『消しゴムの半径』で調整しながらやると細かな部分も削除できるようになります。

切り抜いた写真の合成

ある程度納得できる状態に切り抜いたら右上の完了タップで背景の上に表示されます。タップしてスライドさせて位置を調整しピンチイン・アウトで大きさの調整をすれば完了です。

出来た写真はInstagramやTwitter・Facebookにもシェアできるようになっているので面白い作品が出来たらアップしてみたいですね。

まとめ

無料アプリですしiPhoneでの操作なので切り抜きに関しては過度の期待は禁物です。人型に旨く切り抜くのは少々手間がかかるのは覚えておきましょう。

出来上がりを想像しながら写真を選んで手間をかけて切り抜けば、そんな面倒も楽しく思えると思いますよ。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。