『Filters for Photos』はMac写真アプリに無料でフィルター拡張機能を追加できる!

Filters for Photos

これで無料!?Macの写真アプリに数種類のフィルターを追加できるアプリ『Filters for Photos』を使ってみたので、使い方の解説と共にレビューしてみます。

拡張機能の追加方法

写真 拡張機能

まずは写真アプリの拡張機能を有効化します。

設定アプリ→拡張機能→写真→『Filters for Photos』にチェック

これだけでOK!写真Appの拡張機能から様々なフィルターを利用できるようになります。

Filters for Photosの使い方

写真アプリ 編集

まずはMacの写真アプリを起動し編集したい写真を選択した状態で右上の『編集』をクリック。

拡張機能

次に右一番下の拡張機能をクリックして『Filters for Photos』を選択します。

フィルター選択

すると用意されたフィルターの選択画面になるので、好みのフィルターを選択します。

微調整

フィルターを選択すると写真全体にフィルターがかかった状態に変わります。右側のスライダーを動かしてフィルターの強弱を微調整できるのも嬉しいですね。

ただこのアプリのいいトコはスライダーの右上にある『Mask』なんです。

Mask機能を使ってみる

Maskをクリックすると表示が切り替わります。

Mask編集

これは既にMask機能を使って編集した画面なんですが上の写真とは若干異なりますよね。これはブラシのように選択した範囲のみフィルターをかけた状態です。

私は空の部分だけフィルターをかけてみました。この方が手前の緑が鮮やかでいいですよね!

まとめ

ただフィルターをかけるだけでなく範囲の選択も出来るというのはなかなか秀逸!フィルターを変えMaskを使い分けることで1枚の写真をいろんな雰囲気で仕上げることが出来ますね。

とにかく無料なので一度は入れて試してみるといいと思いますよ。

Filters for Photos
カテゴリ: 写真
価格: 無料(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。