iPhone6/6plusで出来るより滑らかな動画撮影『60fps』の設定

SPONSORED LINK

Camera 60fps

iPhoneでの動画撮影は手軽で物凄くいいですよね。でももう一息動画の質を上げたいという方は60fpsに設定するといいです。

現時点ではiPhone6/6 plusユーザーのみが対象ですが設定方法を書いておきます。

60fpsとは

聞きなれない言葉なんでなんだろうと思う方も多いかもしれませんが、ようは1秒間のコマ数が『fps』です。ということは60fpsは

1秒間の動画に60枚の静止画が使われている。

という事ですね。要はfpsの数値が高ければ高いほどより滑らかな動画に仕上がります。因みにiPhoneの初期設定では30fpsなので約半分のコマ数ですね。

iPhone6/6plusの60fps設定方法

60fps設定方法

設定アプリ→『写真とカメラ』→『60fpsでビデオを撮影』

これでOK
撮影時に右上の表示が60FPSになっていると思います。

60fps

まとめ

勿論撮影した動画のサイズは大きくなります。また動画の違いに関しても同じ条件の動画をアップして比較してみたいと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。