Mac版Tweetbotアップデートでトピック機能を追加

SPONSORED LINK

Tweetbot mac topic

Mac版のTweetbotにトピック機能が追加されました。ということで早速使ってみたいと思います。

トピック機能とは

トピック機能って一体何?って事なんですが、予め設定しておけば、自動的にリプライやハッシュタグを入力する機能です。

まぁ「百聞は一見にしかず」ということで、早速使ってみましょう。

トピック機能の使い方

トピック設定

まずはハッシュタグを設定してみます。

新規Tweetを立ちあげて右下の設定アイコンをクリックし「Create Topic」をクリックすると上記スクショのような画面になります。

今回はタイトル(トピック名)をAppleにしてTweetにハッシュタグの#Appleが自動で追加されるように設定しました。

Topic Tweet

するとNEWTWEETのところの上部に『Apple』というトピックタイトルが表示された状態になりハッシュタグが書かれた状態になっていますね。

✕アイコンでトピックなしの状態にも出来ますし、複数のトピックを設定しておけば右下のアイコンから選択して使うことが出来るので非常に捗りますね。

コレクション機能

コレクション機能

トピックと合わせて追加されたのがコレクション機能で、先ほど追加したトピックでのツイート履歴がまとめられます。

どういった内容のつぶやきをしたのかを確認も出来るので便利ですね。

まとめ

Mac版のTwitterクライアントとしてはやはり超優秀なTweetbot。アップデートも多く、機能も充実してきています。

また利用ユーザーも多いので使い方は多くの記事があり使いやすいですね。

Tweetbot for Twitter
カテゴリ: ソーシャルネットワーキング
価格: ¥1,200(記事公開時)

APP STORE
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。