2014年 タブレットが台数でPCを抜くらしい

SPONSORED LINK

Tablet 1311

2014年内にもタブレットの売上台数がPCを上回るようなのです。いよいよ本格的にタブレット時代に突入の予感です。

まぁ実際はタブレットもPCも持っているというユーザーが一番多いのではないでしょうか。

最近やたらと友人や知人に「次買うのはタブレットがいいの?PCがいいの?」なんて聞かれますが、ただ趣味として自宅で古いPCを使っていて次買い換えたいという方はタブレットでも良いかもしれません。しかし自宅でも何らかの仕事をしたい場合は断然PCの方が便利ですよね。

またPCを使って特にこれといった文章は書かないが、趣味が一眼レフでの写真という方もタブレットよりもPCが向いています。このようにちょっと専門的な事をする場合だけでなくデータの同期の面においてもPCが使いやすいです。

タブレットでもアプリを駆使したり写真を撮影したデータをクラウドに飛ばしてiPadで読み込んでという方法も確かにありますが、それが快適なのかということに疑問が残ります。

ただ記事にはこう書かれています

市場は、急速にタブレットにシフトしている。Canalysによると2013年の2月には、タブレットはパーソナルコンピュータ類の総発売台数の1/3を占めていたにすぎない。2013年全年では、タブレットは全PC類発売台数の37%、4億9310万台のうちの1億8250万台を占める、と当時のCanalysは予想していたが、今日それは40%に修正されている。データソースはほかにもいろいろあるが、読者と私自身の頭の混乱を避けるために、ここはCanalys一本にしぼらせていただこう。

今後は如何に快適にタブレットで色んな事を出来る環境を自宅に作るか。そういった事が今以上に課題になってくるのかもしれません。

私はMacを使い続けると思いますが、タブレット環境の構築には興味があるのでいろいろと調べて今後記事を更新したいと思います。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

参考:2014年にはついに台数でタブレットが従来型のPCを抜く…Canalysの調査報告書より

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。