大手3キャリアのSIMロック解除に関して

SPONSORED LINK

SIMロック解除

先日SoftBankがSIMロック解除のガイドラインを発表しこれで大手3キャリア横並びになりましたね。今後SIMロック解除できる端末を購入したいという方は色々と知っておくほうが良い条件などについてまとめてみます。

SIMロック解除の条件と端末

まぁ気になる部分がいくつかあるんですが、まずSIMロックを解除する基本的な条件をSoftBankを例にリストにすると

  • 製品の購入日から180日が経過している
  • 解約済みの製品は、解約日から90日以内である

基本的にはこの2つが条件で端末としては5月末に発売される『Galaxy S6 edge』以降のスマホ・ガラケー・タブレット・モバイルルータお対象になります。

解除の方法

解除は意外と難しくなさそうなんですがMy SoftBank(オンライン)またはソフトバンクショップで出来るようです。

My SoftBank(オンライン)で自分で行えば無料、ソフトバンクショップで行えばSIMロック解除手数料[3,000円]が必要
参考:ソフトバンクモバイルの携帯電話を他社で利用する / SIMロック解除(公式)

端末によってはMy SoftBankでは出来ない場合もあるので注意が必要です。

まとめ

何故直ぐに解除できずに180日置くのかというと転売を行うユーザーもいるとの事。ただ思うに直ぐに解除したい方はAppleでSIMフリーを買えばいいだけなんですよね。

だって3キャリアに縛られる方は基本分割で購入していると思います。勿論割賦が残っている場合はSIMロックが解除できないもしくは残金を一括で支払う必要が出てくると思います。

そうなるとSIMロックを解除しない方も多いのではないでしょうか。また2年以上経って同じiPhoneを持ち続ける場合にSIMロック解除は有効な手段かもしれません。しかし2年後といえばモデルチェンジしたiPhoneをまた割賦で購入する方も多い。

そなると現在の2年縛りループからは抜けだせませんよね(笑)

格安SIMも確かに魅力的ではありますが、私のような田舎住みには大手3キャリアの安定は頼もしいですしSIMロック解除するユーザーが増えるとパケットの制限が緩くなるかもしれませんね。

最大の活用は買い替え後の古い端末をSIMフリーにして海外でも使えるようにすることかな

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。