2015年5月よりSIMロック解除を正式に義務化

SPONSORED LINK

Simロック解除

総務省がSIMロックに関してのガイドラインを決定し来年5月以降の新機種においてSIMロックを原則として解除が義務となるようです。

SIMロックが解除になることでどのような影響がユーザーにあるのでしょうか?


SIMロック解除の影響

 総務省が改正したガイドラインによると、原則、顧客の求めがあれば無料でロックを外さなければならなくなる。利用者は、端末はそのままで通信契約を結ぶ会社を変えたり、海外で現地会社と安い契約を結んだりする道が開ける。
参考:朝日新聞DIGITAL

確かに海外での利用時に海外SIMに差し替えることが出来れば旅行時も便利ですよね。ただ円安政策で海外にも行きにくくしているのに海外で使えるからなんて必要あるんでしょうか?

キャリアの変更も端末を買い換えることなく出来るようになります。ただ2年縛りにおける制約はないので解約金などを支払う必要はあるということ。MNPもあるので今のところ大手3キャリア間の変更だけならiPhoneユーザーにはメリットはあまり感じられない気がします。逆にAndroidのソフトバンクの端末が欲しいがdocomoで使いたいという方にはいいかも。また格安SIMを使いたいという方にはいいかもしれませんね。

iPhoneの価格に影響は?

さてSIMロック解除である程度自由にキャリアを行き来できるようになるとiPhoneの販売価格が高くなるのではないかという(価格が変わるのではなくキャリア負担額が減る)意見も出ています。

これに関しては実際2年縛りは無くならないのであまり変わらない気がしています。逆にこの発表前にAppleでSIMフリーのiPhone販売が止まった事のほうが勘ぐってしまいますよね。もしかすると本当にユーザー負担額が大きくなるので、それならAppleで購入しようというユーザーが動けなくされた形になります。

まぁそれ以上に円安によるiPhone価格の値上げの方が影響はあるでしょうね。

まとめ

私は今年iPhone6Plusに変更したので次買い換えるのは2年後のiPhone7になるかと思います。特にSIMロック解除に関しては現在それほど必要性も感じていませんが、それでも価格が大きく変わるのであれば逆にキャリアに縛られる必要性も感じません。

来年5月の導入以降iPhoneの購入方法も大きく変わってくるかもしれないので動向はチェックしておかないといけませんね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。