記事「今冬、ガラケーへの出戻りが急増する理由」を読んで

ガラケーへの出戻り記事

エキサイトニュースの記事「今冬、ガラケーへの出戻りが急増する理由」を読んで確かにそうかもしれないなぁと思いつつ、逆にスマホが必要な方ってどんな人なんだろうって想像したら別に誰も要らないよねってなっちゃいますよね。

私自身が思う今後のベストなモバイル環境を考えてみました。

ガラケーへの出戻りは確かに多いようです

田舎での話なんで絶対値的には凄く少ないのですが、それでもスマホからガラケーに戻す方は結構な割合でいるようで居酒屋なんかで知り合いに会って「あれ?スマホに変えてなかったですか?」の私の問に「いや使いにくいから」とのお答えを多く頂きました。

今回気になった記事「今冬、ガラケーへの出戻りが急増する理由」にあるように

大してアプリなど使わず、それでいて通話をたくさんするような人には『本当にスマホ必要?』と問いかけたくなりますね。そういう人はしっかりと考えて、ガラケーで無料通話をギリギリ使い切れるプランにするのがお得だと思いますよ

まさにこれで、ソーシャルしないメッセージしない、またゲームもしないしスケジュール管理は手帳がいいという方がスマホに変えるメリットってないですよね。

今後のモバイル予想と節約術

また私は今後の使用で一番の組み合わせはミニタブレット+ガラケーなのではないかとも思っています。

今期は3キャリアからガラケーも新機種がりりーすされましたし(3キャリア揃ってガラケーリリース)、この記事中に書いていますがiPhoneでSNSやインターネット・メール・スケジュール管理をするよりも、やはりタブレットの方がしやすいですしビジネスで利用するならなおさらですよね。

10インチのiPadを持ち歩くよりもiPadminiを持ち歩くほうが楽ですよね。家族で例えばiPhoneを使っている場合でも私と妻がガラケーに変更しiPadminiのwifiモデルを購入しWifi端末を1つ契約するだけなら、総合的なランディングコストは下がると思います。

節約といった意味でも今後はそういう事も踏まえた端末選びが必要かもしれませんね。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。