iOSに感染するマルウェアが増加。感染しないためにどうする

SPONSORED LINK

iOSマルウェア

iOSにもセキュリティの脆弱性をついたマルウェアが増えてきています。ただこのマルウェアは普通に使っているだけでは感染することもなく、個々で気をつけるとなんとか防ぐ事は出来そうです。

最近話題になった2つのマルウェアと今後の対策等をまとめてみます。

Masque Attack

Masque Attackは、テキストメッセージまたはメールに仕込んだリンクをクリックさせることによって、アプリをインストールするようユーザーを誘導します。
このマルウェアは既存のアプリをエミュレートし、置き換える機能を備えている

インストールしているiOSアプリが勝手に置き換わるようですね。動画ではGmailアプリを上書きしているようですがスパムメールを勝手に送ったりするようになると大変ですしGoogleアカウントが盗まれるのも、他のWEBサービスのログイン等にも使っている方が多いと思うので危険ですね。

iOSの脆弱性を狙ったマルウェア「Masque Attack」に要注意iOSの脆弱性を狙ったマルウェア「Masque Attack」に要注意

参考:iPhoneMania

WireLurker

不正ソフトを介して Mac や Windows に感染します。そして感染した PC に iPhone/iPad を USB で接続すると、不正アプリを iPhone/iPad にインストールしようとします。

インストールされた場合はどうなるんでしょうね。例えば端末の一部を乗っ取られたと考えると個人情報や履歴等が吸い取られる可能性もありますよね。キーチェーンにクレジット情報などが入っている方は危険度が増します。

脱獄していないiOSにも感染するマルウェア『WireLurker』に要注意!脱獄していないiOSにも感染するマルウェア『WireLurker』に要注意!

参考:APPBANK

感染しないために気をつけること

セキュリティリスクはOSの更新や確実性のないリンクからのダウンロードはしないといった個人である程度は対策できます。ネット上は言わば不審なリンクだらけなのかもしれません。

  • iOSを最新の状態に保つ
  • 不審なリンクをクリックしない
  • iPhone/iPadを脱獄しない

これらは当然として行なうべきですが、iOSのアップデートが地雷だったという場合もあるのが辛いところですね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。