KOKUYO『鉛筆シャープ』の書き心地は鉛筆以上だった

SPONSORED LINK

コクヨ 鉛筆シャープ

シャーペンなのに鉛筆のような書き心地。鉛筆の方が好きという方にはかなりおすすめできるのがコクヨの『鉛筆シャープ』です。

実際に購入して書いてみると鉛筆以上の書き心地でした。


鉛筆シャープ レビュー

鉛筆シャープ  フローズンカラー

コクヨから販売されている鉛筆シャープは0.9mmと1.3mmの2つのモデルが有ります。どちらが書きやすいの分からなかったので両方購入してみました。

グリップ感

まずは両モデル共通ですが、スマホのソフトケースのような素材を本体に使用しているので滑らず持ちやすい。手にフィットするような感覚は普通の鉛筆では味わえません。

1.3mm 鉛筆シャープ

これは1.3mmモデルの方なんですが、かなり芯が太いですね。

0.9mm 鉛筆シャープ

こちらは0.9mmです。因みに両モデルとも最初に2Bの芯が2本入っています。

替芯も販売されていてHB・B・2Bがあるようです。かき心地から考えるとやはり芯の柔らかさでB以上がおすすめかな。

実際に書いてみると

鉛筆シャープを使って書く

やっぱ太いですね。でも全然折れる気はしません。

太すぎる芯が嫌いという方にはキツかもしれませんが、書いた感触はこれまでのシャーペンにはない凄くいい感じです。まさに鉛筆以上!小学校もこれにしたらいいのに。

おすすめモデルと今後の期待

結局どちらがおすすめかというと私は断然1.3mmだと思います。やはりより鉛筆の線に近いと言う事と書いた感じの柔らかさが全然違います。

ただやはり線が太いので文字が潰れた感があります。

しかし!製図なんかをする場合に昔は芯を使って書いてました。その時にステッドラー(芯削り器)なるものを使って削ってたんですね。

STAEDTLER

この写真は正に製図の時に使ってたもので、2mmの芯を削ります。このような芯削り器は当然コクヨから販売されるでしょうし、そうなれば様々なシーンで使えるようになりますね。

あとがき

実はこの鉛筆シャープは同じような製品の『大人の鉛筆(北星鉛筆)』というものがあります。こちらは木製ボディでよい鉛筆らしさがあり、芯削り器もついています。

私は持った感は鉛筆以上に手に馴染むのに書いた感じは鉛筆という+α的な『鉛筆シャープ』のほうが好きですね。

参考:KOKUYO 鉛筆シャープ

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。