大手3キャリアにどこまで迫るか注目したい『freebit mobile』

SPONSORED LINK

Freebit

日本では大手3キャリアが市場の殆どを占め、最近通話料固定の新料金体制を発表し今後移行していくのでしょうが、この新料金体制って割り高になる方も多いのではないでしょうか?何かやりたい放題な気がしてなりません。

そんな中『freebit』は独自のAndroid端末で全く新しい料金体系で登場した新たなモバイルサービス。今後どれくらい普及するのか期待も含めて記事にしてみます。


freebit mobileのサービス

freebit mobileの内容を見ると電話通信会社というよりも通信会社と言う方がいいような気がします。と言うのも通常の音声通話はオプションで基本的な通話はIP電話で行なうようです。

この場合IP電話同士なら通話料0円、国内携帯相手なら21円/分、国内一般電話相手なら13円/3分になっています。

端末代込でオプションを付けずに利用する場合は驚きの金額で月々2000円(内端末代1000円24ヶ月)というから驚きです。と言うことは基本料金1000円なんですね。この1000円にはdocomo回線を利用したパケット使い放題+通話基本料が入っています。

但し!そんなに安すぎるわけもなく動画なんかは45分で250円のチケット制なんですね。まぁスマホで動画なんて見ないよって方は問題ないですがこのあたり気になりますね。

詳しいサービス内容は動画公開されています。

端末:PandA

端末は現在1機種のみで名前はPandA!主な仕様は

  • 高さ:151 mm 幅:77.5mm 厚さ:9.5mm
  • 189g
  • 960×540ピクセル 5.5インチIPS液晶
  • 背面800万画素、前面200万画素、1080p動画撮影対応
  • Android(TM) 4.2.2、Google Play(TM)搭載

まとめ

freebitの登場で今後直ぐに3キャリアがどうこうなるというわけでは勿論ないと思います。ただコレをキッカケに第2、第3のfreebitが現れるという事もありえますよね。スマートフォンは携帯電話なんだけど様々なメッセンジャーアプリの通話機能のおかげで本当に音声通話を行なうことが減りました。

そこを踏まえた上での格安キャリアは出るべくして出たのかもしれないですね。

freebitfreebit
freebit公式ページ

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。