Facebookアプリ削除で15%もバッテリー時間が伸びる!?

Facebookアプリ

先日多くのメディアで取り上げられていたのがFacebookアプリのバッテリー消費問題。アプリを削除するだけで最大で15%もの使用時間が伸びるのだとか。

友達だけでなく仕事でも使っている方が多いSNSですが、普段バッテリー消費に悩んでいるiPhoneユーザーは利用方法を考えたほうが良さそうです。

英紙ガーディアンによって「Facebookアプリを削除し、Safariを使うと、バッテリー駆動時間が最大15%も伸びる」と指摘されてしまったのです。
参考元:GIZMODE

なるほどWEB版を使えってことかぁ。友達とのお遊びだけなら全然OKですよね。

ただ私は友達とのやり取りよりも仕事でグループを組んで進捗や打ち合わせにも使っています。これは流石にプッシュ通知がないとキツイんですよね。

まぁ私の場合は普段いつでも充電出来る環境なので15%程度では削除するに至りませんが、会社勤務で外出が多い営業の方なんかは同じ15%でも重みが全然違いますよね。

出社から帰宅までにいつもiPhoneのバッテリーで悩んでいる方は思い切ってFacebookアプリを消してSafariのWebから活用する方法を考えてみたほうがいいかもしれませんね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。