EVERNOTEが価格プラン変更!無料プランは2台の端末制限

SPONSORED LINK

Evernote 2016news

EVERNOTEが価格プランの料金改定を発表しました。今回の変更には値上げだけでなく無料プランユーザーには2台の端末制限もかかるようです。

Evernote 2016news01

無料プランであるベーシックの少し下にしっかりと「2台の端末に同期」と書かれていますね。例えばiPhone・自宅のMacで使った場合は会社のPCでは使用できない?という事になります。

これでもWeb版はどうなんでしょうね??

ブラウザを使っての利用にも制限がかかるとすれば結構厳しくなるユーザーは多いですね。

代替え本命はONENOTE

じゃぁEVERNOTEから移行先をどうするかとなると本命はやはりMicrosoftのOneNoteかと思います。ただOneNoteも端末制限ないのかな?ExcelとかはPC/Macで2台・iOS/Androidで2台と計4台の制限があります。(Soloプランの場合)

実際OneNoteだけなら無料で使えるので制限はないかもしれませんね。

OneNoteはEVERNOTE同様にストックやメモに優れたアプリですが、EVERNOTEに劣る点といえばサードパーティとの連携だけかと思います。EVERNOTEはアプリなんかも充実してますからね。

まとめ

私はEVERNOTEのアプリ自体はMacもiPhoneからも削除してて、最近はApple標準のメモアプリを使ってます。まぁそれで十分な使い方しかしなくなったというわけですが、メモアプリ便利ですからね。

  • 記事のストックにはリーダー表示からコピペ
  • 重要なものはロック機能でロックをかける
  • フォルダを作成し管理

ファイルに関してはdropboxのほうが元々便利なので、たったこれだけで脱EVERNOTE出来ました。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。