オフシーズンに不要なものを預けるクラウド物置サービス

クラウド物置

日本には四季があり季節によってのオフシーズンなんてありますよね。その代表といえばスキー・スノーボードだと思います。非常に楽しいスノボもオフシーズンにはただの邪魔な板になってしまう。

そこで最近話題になってきているクラウド物置サービスについて記事にしてみます。

クラウド物置とは

そもそもクラウド物置とは何なのかというと、クラウドと聞くとdropboxのようなデータを保管してくれるサービスのような感じがしますが、クラウド物置は実際の商品や学校で作った作品といった『モノ』を保管してくれるサービスです。

貸倉庫?のような感じですが、実際はもう少しリーズナブルでダンボール1箱といった感じで預けられるのが大きな特徴です。

スポーツ専用クラウド

中でも特に最近話題になってきているのが『スポーツ専用クラウド』だそうで、 例えばヨドクラウド物置のサービスを見てみると

ヨドクラウド スノーボード

月額1500円でスノーボードを預かってくれるわけです。この金額を高いと感じるか部屋がスッキリして便利と感じるかは人それぞれだとは思いますが、置き場がなくて困っているという方にはありがたいですね。

[ss url=”https://www.yodo-cloud-monooki.jp” width=”160″ class=”alignleft” title=”ヨドクラウド物置” hatebu=1 tweets=1 likes=1 rel=”nofollow” target=”_blank” alt=”ヨドクラウド物置”]

他にもゴルフセットやアウトドアグッズ、クリスマスツリーといったものも預けられるようです。

まとめ

一番便利かなと思ったのは子供が学校で制作した作品なんかはダンボールに収まるので月額500円です。ということは年額6000円。これを10年預けたら6万円とかなりの金額にはなりますが、子供が成人後にこういった作品一式を子供に渡してあげられるというのはいいですよね。

私自身学生時代のものは全て捨てちゃってて、なんなら卒業アルバムさえ無いような状態。そんな頻繁に見るものでもないですし、無くても困らないものですが思い出ってお金に変えられませんよね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。

投稿者:

AKIRA MINAMI

WEB制作・App開発、その他デザイン関連をしています。楽しいことが大好きで遊びとサイトを融合させるよう日々精進しています。広告プロモーションも行なっております。興味がある方は気軽にご連絡下さい。