言い出しにくい別れ話もクラウドソーシングで委託する時代

SPONSORED LINK

Breakup shop

「なんて切り出そう…」今まさにこのように恋人に別れ話を持ちかけるのに悩んでいる方もいるかと思います。確かに長く連れ添った相手なら言い出しにくいですよね。

そこで海外で登場した『The Breakup Shop』。少しのお金を払えば別れ話を代行してくれるようです。

まずこの『The Breakup Shop』の内容は

  • 10ドル:Eメールによる別れのメッセージを相手に送ってくれる
  • 20ドル:手紙
  • 30ドル:具体的な状況や理由、名前等で内容もカスタマイズ

さらに29ドル支払えば相手に電話をし、事情を説明してくれるようです。(参考:lifehacker

このようなサービスの使いどきってどうなんでしょうね。例えば異性に問題がある場合は切りだすのもさほど難しくなさそうですし、問題部分の指摘→直すということで別れずに済む場合もあるかと思います。

おそらく一番は心変わりってヤツでしょうか(笑)付き合っている異性がいながら違う人に心を奪われちゃった的な、しかもその相手も自分を好きかもって感じでしょうね。

これは非常に切り出しにくい状況ではありますね。もし今まさに悩んでいる方はこういったサービスを使ってみてはいかがでしょうか。勿論英語での対応になるかと思いますが逆に煙に巻こうなんて(笑)

The Breakup ShopThe Breakup Shop

ただやはり実際は自分の声で面と向かって告げた方がいいと思います。どうしても言い難い方に学生時代に私の友人が相手の女性に言った名言を書いて最後にします。

「俺!硬派になる!」

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。