Adobe流出でFacebookへの不正アクセスに注意

SPONSORED LINK

Adobe131113

気になる記事を見つけたのでご紹介します。

先日Adobeから私もメール・郵送でのお詫びが来ていたのですがAdobeが3800万人分のユーザー情報・パスワードが抜き取られていることが発覚しています。CreativeCloudになって登録しているユーザーも多いと思います。

このアカウント情報を使ってFacebookに不正アクセスをしているようなのです。

GIGAZINEに掲載されていた記事で確認した所Facebookが不審なアクセスを発表しているようです。

以外に多いのがパスワードの使い回し。アカウントがメールアドレスでパスワードが同じならかなり危険ですね。

今回Facebookで発表があったわけですが、他の同じような形式のログインの場合は注意が必要。早めにパスワードの変更等の対策を取っておく必要があるとおもいます。

パスワード管理の基本的な事はInfoBackerで以前書いています。

パスワードの管理や作成からもしもカード被害にあった場合の対処まで書いています。因みに私はこれまでに2回の流出被害でカードの不正利用にあっています。最近ではクラウドサービスが増えそこからの流出被害が増えていますね。

やはり出来る限りパスワードは予想がつきにくいもの+全て違うものにしておくほうがいいですね。

Macユーザーの方はこちらも合わせて御覧ください。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。