3キャリア揃ってガラケーリリース

SPONSORED LINK

ガラケーリリース

2013年ドコモがiPhoneを販売開始したことで騒がれた影でdocomo・au・Softbankの3キャリア共にガラケーの新作を追加しているという事実。

スマホ以降が進む中のガラケー新作リリースにはどういった狙いがあるのでしょうか。

7インチタブレット+ガラケー

単純に使い方の違いですがスマートフォンは電話というよりもPCで行っていたことをモバイルでもといった使い方が主でありガラケーに比べ通話の不便さ料金の高さがあると思います。

実際組み合としてiPadminiのような小型タブレット端末を持っている方ならスマートフォンよりもガラケーとの組み合わせの方が便利なのではないでしょうか。

逆にiPhoneやAndroidスマートフォンは7インチタブレットを持たず外出時に携帯とタブレット端末の機能を簡易的に行うという位置づけにさらになってくるかもしれません。

スマートフォンが先でタブレットが後から広がった為にタブレットがPCと携帯電話の中間的位置づけと思ってしまいますが、PCは最早必要ないユーザーも多いでしょうしタブレットとガラケーが2台持ちのメインになりスマホはMAC・PCとの2台持ちという流れが生まれるかもしれません。

元々日本のガラケーは高機能ですから、十分に役割は果たせますね。あくまで私が思うモバイル業界の今後ですがねw

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。