iPhoneに今後採用される『有機EL』って何?

SPONSORED LINK

有機ELって何

先日話題になった「2019年には全てのiPhoneが有機ELになる」を受けて、有機ELって聞いたことはあるけど実際どういうものか解らないので調べてみました。

有機ELとは

有機ELは「有機エレクトロ・ルミネッセンス」の略で特定の有機化合物に電圧をかけた時に起こる発行現象のことのようです。って書いてもいまいちピンと来ませんよね。

そこで簡単にこれまでのものとどう違うかをまとめてみます。

自発光ゆえの完全な黒の再現

まぁ原理なんかさておいて従来の液晶とどう違うかと言えば『完全な黒の再現』のようです。

ひとつの画素を構成するサブピクセル自体が、それぞれ単体で独立して光る「自発光」の素子。そのおかげで「完全な黒」の再現が可能で、暗いシーンでも色純度を保つことができる。
例えば満天の星空を映したシーンの場合、液晶方式では漆黒であるべき夜空にもバックライトの光が漏れ、都会の夜空のように明るく見えてしまう。その点、有機ELなら、夜空の漆黒と星の輝きをコントラスト豊かに再現し、肉眼で眺めたようなリアルで感動的な表現ができる。

要はこれまではグレーっぽい黒で見えていた黒が漆黒の黒に変わるということですね。

薄い+低電力

従来の液晶はバックライトを当てていたのに対し有機ELは自発行なのでバックライトが不要。これから言えることはディスプレイを構造する層がバックライトが不要になるため薄くなるというメリットです。さらにバックライトが不要になれば消費する電力量も減ってバッテリー長持ちになるというメリットもあるようです。

今後のiPhone

私的には今後のiPhoneが有機ELが採用されたとして、これ以上薄くなる必要性は感じませんがバッテリーがさらに長持ちするのは嬉しいです。気がかりなのが自宅のPCは当然有機ELではないので自宅で作成した写真と有機ELで見た時にどのくらい違いが出るかという点。

こればっかりは導入されてみないとわかりませんね。

有機ELの詳しい解説・2019年以降のiPhoneに有機ELが採用される参考記事を下記に掲載しておきます。
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。