YosemiteにPhotosが来るぞ!デベロッパー向け「OS X Yosemite 10.10.3」にPhotos公開

SPONSORED LINK

Yosemite Photos

Apertureの開発終了から今後どうしようかと迷っている写真の管理・調整ですが以前から話題にはなっていましたPhotosがいよいよMacにも登場します。

デベロッパー向け「OS X Yosemite 10.10.3」にPhotosが入っているということで色々と調べてみました。

Photosって何

Photosってなんぞや?って事なんですが、iOSにある公式アプリの『写真』と同様に写真の整理や簡易な調整、エフェクトを使った写真加工が行えるアプリです。

動画ではHands-onを使ったMacでの写真管理が公開されています。

Photosの位置づけとしてはiPhotoとApertureの中間的なアプリでしょうか、Apertureほどの細かな調整は出来ないように思います。

これも現在iPhone等の端末で撮影する方がメインで簡単に同期・調整が出来て管理までがスムーズに行えるというのがPhotos最大のウリなんだと。そして大多数のユーザー向けにPhotosを公開することを選んだんでしょうね。

疑問点は一眼レフ等で撮影した写真の取り込み(RAW)なんかはどうなるのかな?また今後もApertureを使い続けることは出来るのかどうか。このあたりが気になるところです。

「Aperture」開発終了で移行はPhotosへ!Photosってどんなアプリなの?「Aperture」開発終了で移行はPhotosへ!Photosってどんなアプリなの?

過去記事もご覧になって下さい。

まとめ

英語版ですがApple公式でPhotosの詳細ページを公開しています。どのような変化を写真に付けられるのかが体験出来るので写真好きのMacユーザーはチェックしておくといいかも。

PhotosPhotos

Apple公式

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。