iOSユーザー=Macの流れは来るのか!OS X Yosemite日本語公式ページ公開

SPONSORED LINK

Yosemite

新OS X Yosemiteの発表があり日本語公式ページも公開されました。Yosemiteを改めて振り返るとMacとiOSの連携がさらに強化されてiPhoneユーザーなら間違いなくMacでしょうと思わされます。

ではYosemiteのどこが魅力的なのか、また既に便利な機能についてまとめてみます。

YosemiteでさらにiOSが使いやすく

Yosemite 電話機能

WWDC2014において一番注目を集めたのはMacを使って電話をかけるシーンだったのではないでしょうか。iPhoneの連絡帳とiCloudで自動同期しているのでこの通話機能はMacユーザーにとって凄くありがたい。

他にも連携機能の強化を箇条書きにしてみると

  • 電話がMacからかけられる
  • HandOff 双方の作業を引き継げる
  • AirDropでMacとiPhoneのファイル受け渡し
  • メッセージにグループの追加とSMSが可能に

私は特にAirDropの強化に注目していて、私が撮影しMacで編集した写真を妻が欲しいという事がよくあります。現在Dropboxを介して受け渡ししているのですが直接渡す事ができますし、ブログの為にiPhoneで撮影した写真もMacに渡しやすくなりますね。

これでOSのアップデートは無料なのがありがたい。

まぁWindowsと違ってMacそのものを開発・販売しているからこそ無料で提供できるわけですが、iOS8+Yosemiteで本格的に囲い込む方向に動いていく感じはしますね。

そもそも標準アプリが便利なんだが

Yosemite

写真はYosemiteの写真なんですが、現在のOS X Mavericksでもかなり便利なんです。

以前記事にしたiBooksやMap

Mavericks iBooksとMapAppを早速使ってみたMavericks iBooksとMapAppを早速使ってみた

特にMapアプリの経路をiOS端末に送る機能が重宝してます。

そしてFaceTimeの音声通話機能

MacのFaceTimeオーディオがくそ便利なので使い方を書いてみるMacのFaceTimeオーディオがくそ便利なので使い方を書いてみる

Yosemiteの電話機能も便利だがFaceTimeオーディオがLINE要らずで使ってます。

LINEをやめちゃった私としてはSkype以上に重宝しています。友人にちょっとした要件を伝えるのにもわざわざiPhoneから電話でと言うよりもMacを触っている一連の流れで話せます。

他にもMacユーザーならカレンダー・リマインダー・メモ等の標準アプリもかなり便利なアプリになりますしiWorksの使える度も断然変わってきます。

まとめ

私がMacに変更してすぐに導入されたiCloud。それからiCloudの便利さを知り対応アプリにハマっていきました。MacでしていることをiPhoneから見たり、編集出来る。

そんなのEverNoteやDropboxでも出来るんですが、標準アプリだからこその同期スピード・使いやすさがあると思います。

秋に登場するYosemiteで更にMacに興味を持つ方が増えるのは私にとっては嬉しいですし楽しみです。

またMacの初期設定的な事も今後ユーザーが増える事を考え、自分がWindowsから乗り換えた時を思い出しながら記事にしていこうと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。