【Yosemite】選択した複数のファイル名を一括で変更する方法と事例

SPONSORED LINK

Yosemite ファイルリネーム

Appleはサードパーティ製のアプリの機能をよく実装しますが、YosemiteではFinderから一括でファイルのリネームが出来る機能がつきました。

便利な機能なので紹介しておきます。


ファイルリネーム機能

項目の名前を変更

Finder内にあるリネームしたい関連ファイルを選択して右クリックします。

『【選択したファイル数】項目の名前を変更』を選ぶとリネームのメニューが表示されます。名称変更の方法は全部で3つ用意されています。

テキストを置き換える

テキストを置き換える

現在ついているファイル名の一部を置き換えるように変更する方法です。この場合選択しているファイルに共通の名称がついている必要があります。

使用例:旧プロジェクト名1.jpg⇒新プロジェクト名1.jpg

番号が付与されるわけではないので、使い方としては過去にプロジェクトで使ったファイルをコピーし新たなプロジェクト名に置き換える使い方になると思います。

この場合検索文字列に【旧プロジェクト名】を置換文字列に【新プロジェクト名】を入れてやります。

テキストを追加

テキストの追加

現在ついているファイル名の前か後ろに特定の文字列を追加します。

使用例:プロジェクト名.jpg⇒img_プロジェクト名.jpg

実際プロジェクト名が現在のファイル名と仮定して、その前に何のファイルか解りやすくするように名前をつけたりするといいでしょう。

例ではimgとして画像ファイルと言う事わかりやすくしていますが、ファイルの種類は拡張子でわかるのでプロジェクトで使っている『何のための(商品・店舗・旅行先等)』画像ファイルかわかりやすくすると整理しやすいですね。

フォーマット

フォーマット

基本的に一番使うのはこの方法だと思います。

拡張子以前を何もない状態と考え任意のテキスト+連番でリネームが行えます。

使用例:IMG_2016781.jpg⇒okinawa_beach_01.jpg

まぁ全く新しく名前を考えて付けられるので『プロジェクト名_カテゴリ_番号』もしくは『プロジェクト名_日付_番号』という風に後で見つけやすいようにしておくといいでしょう。

まとめ

いや〜便利になりましたね。有料のNameManagerを持ってるのですが完全に削除対象になってますが、まだまだ詰めが甘くてファイルの順番を簡単に選択してとはいかないようです。

まぁ単純に書類や写真を整理するためのカテゴリー分けと考えると十分ですね。要らないものを削除するキッカケにもなるので、一度私もMacやクラウドにアップしているファイルを整理してみようと思います。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。