【Yosemite】FaceTime+iPhone=Macで電話が出来る!設定方法

SPONSORED LINK

Yosemite 通話

Yosemiteの目玉機能の1つはこのFaceTime+iPhoneで通話ができる機能だと思います。Yosemiteにアップデートしてから数回使いましたが作業を止めずに会話できるのがSkypeしてるみたいで便利です。

iPhoneが近くになくても電話が受けられるって思った以上に便利でした。


設定方法

FaceTimeから

りんごにメガネじゃない人が写ってますが(笑)

YosemiteではFaceTimeの設定から同じWi-fiにつながっている同じAppleIDのiPhoneの通話を受けたり発信することが可能になっています。

FaceTimeメニュー『環境設定』を開きます。

環境設定

『iPhone セルラー通話』にチェックを入れるだけ

これだけで通話する事が可能になります。因みに家庭電話からiPhoneに電話をかけてみると

Yosemite着信

まずiPHoneが鳴り、少しのタイムラグ後にMac上に表示されます。

応答・拒否と選べるので手が離せない場合は拒否ってもいいですね(笑)

まとめ-かけ放題で電話しまくり!

これまでFaceTimeオーディオやSkypeで会話してたのですが、1対1の通話ならMacからの電話が凄く捗ります。

しかも『通話料定額のかけ放題プラン』に入っていれば一日中だって会話出来ちゃう!iPhone6Plusを持つこともなく手も疲れない!

かとって電話魔にならないように皆さんお気を付け下さい。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。