【El Capitan】日本語が自動で変換される『ライブ変換』機能を使ってみた

SPONSORED LINK

日本語ライブ変換

私はMacでも長く『Google日本語入力』を使っていたのですが、El Capitanにテキスト入力中に自動で変換される機能『ライブ変換』が搭載されたということでMac標準の日本語に変えて使ってみました。

ライブ変換の使い方

ライブ変換設定

システム環境設定アプリの『キーボード』を開き、入力ソースタブをクリックして『日本語(Mac標準)』を選択します。

そして詳細設定内にある『ライブ変換』にチェックをつけてください。これで設定は完了です。

ライブ変換の使用感

確かにSpaceキーで変換しなくてもどんどん自動で変換してくれるので、凄く捗ります。話し言葉にも対応しているのでいいですね。

以前はMac標準のもの(ことえり)では誤変換が多くとてもでないけど使えなかったのですが、今は凄く精度が上がったように思います。

ただメリットばかりでなく、日本語入力中にアルファベットを続けて入力する際にちゃんと識別してくれません。例えばAppleとかGoogleとかを打つときには英数に切り替える必要があります。Google日本語入力を使っている場合はそこは切り替えることなく使えたので一長一短がありますね。

まとめ

まぁ要は慣れの問題かなと思いますが、やっぱ使い慣れたGoogle日本語入力に戻してしまいました。まぁSpaceキーを押さなくてもどんどん文章が続いていく感覚は素晴らしいのですが、使い慣れた環境はなかなか変えられませんね。

時間が取れる時にテキスト入力で練習して慣れさせてはみたいなぁと思わせるだけの機能ではあります。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。