【macOS Sierra】Macの空き容量に不安があるなら『Optimized Storage』を活用してみよう

SPONSORED LINK

Sierrs optimized storage

MacBookやAirなどSSDを使っている方にとってはストレージの空きって心配ですよね。そこでmacOS Sierraの新機能『Optimized Storage』を設定してiCloudと連動してファイル管理をしましょう。

今回は『Optimized Storage』の設定についてまとめてみます。

ストレージの管理

ストレージ管理

まずはMac本体のストレージ管理・設定をしていきます。

右上りんごアイコン→『このMacについて』→ストレージ

これで上記スクショの画面が出ます。そこから右上の『管理』をクリックしてストレージの管理メニューを開きます。

ストレージ管理設定

ここでまず空き容量を最大限活かしたい・iCloudの大容量プランを使っているという方は『iCloudに保存・ストレージの最適化』をチェックしましょう。またそうでない方もゴミ箱を自動的に空にするをチェックするとゴミ箱の中身を30日で自動で消去してくれます。

次に不要なファイルを削除していきます。

不要ファイル削除

左のメニューにはそれぞれどのようなファイルが入っているのかをリスト表示してくれています。特にチェックしてほしいのがiOSファイル。私は使わなくなった過去のiPhone4のファイルや初代iPadのバックアップファイルも残ってました。

他にも書類やアプリケーション内の不要なものを探して削除することがここで出来ます。

iCloudの設定

iCloud設定

システム環境設定アプリ→iCloud

ここでiCloudの使用状況のチェックや設定を行えます。これまでiCloudストレージをあまり使ってなかったので使ってみようと思います。

iCloud Driveの『オプション』をクリックします。

iCloudDrive

下部の『Macストレージを最適化』にチェックをいれます。これでMacの空きが少なくなればiCloudにのみ古い書類が保存されるようになります。

またiOS端末とデスクトップや書類フォルダを連携させる場合もここでチェックを入れておきましょう。

写真の設定

写真iCloud設定

最後に写真の設定を行います。

写真アプリ→メニュー環境設定→iCloud

ここでiCloudフォトライブラリにチェックを入れて『Macストレージを最適化』を選択しておきます。

これでMacの空き容量によってiCloudのみの保存になるか、Mac内にも保存するかを自動で行ってくれます。

まとめ

簡単にMacの空き容量によって自動で判断してくれる設定を行いました。空き容量を増やすというよりも残りを考慮したiCloudとの連携という感じですね。

あとはこれを機会に使わなくなったアプリケーションを削除したり、長く使ってないファイルを外部ストレージやクラウドストレージに移してMacから消してしまうといった作業を行って空き容量を増やしましょう。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。