【macOS Sierra】iCloudの『書類とデスクトップの保存』を解除する方法

SPONSORED LINK

書類とデスクトップの保存

macOS Sierraではデスクトップに置かれたファイルや書類フォルダの中身を自動でiCloudに保存し手持ちのiOS端末で確認できる機能が追加されています。アップデート時に分からずチェックを入れてた場合も後で解除できるので、不要な方は解除しておきましょう。

書類とデスクトップの自動保存の解除方法

設定アプリ

まずはシステム環境設定アプリを開きiCloud Driveのオプションをクリックします。

iCloudオプション

その中の項目の『”デスクトップ”フォルダと”書類”フォルダ』のチェックを外せばOKです。

iCloudの容量に余裕のある方なら同期させておけば自動バックアップのような感覚でも利用できるわけなのですが、それほどデスクトップや書類に置かれたファイルにiPhoneからアクセスするとは考えにくい。

まぁMacから離れている時に電話をしながらiPadで書類を見るといったシーンが想定出来ますが、これまでのように「確認して折り返しかけ直します。」で済む話ですからね(笑)

iOSで利用が想定されるファイルは『iCloud Drive』で

iCloud Drive

実際iOSで確認することがあるなぁと思われるファイルの場合にはiCloud Driveに予め保存しておけばiOS端末にiCloud Driveのアプリを入れておけば確認は可能です。そもそも書類とデスクトップの保存の場合もiCloud Driveのアプリで確認するわけですから同じですよね。

またiCloudに拘らないのならdropboxもあるわけですし、現状どうしても必要かというとそうでもなさそう。

まとめ

まぁAppleの考えは「不意にデスクトップの書類を見たい時にも対応できますよ」という感じなのかもしれませんが、私の利用用途では不意にMacでのみ管理しているファイルにiPhoneでアクセスしたい事がないように思います。

そもそも大半はdropbox内での管理もしくはバックアップも取っています。まぁ長くMacを使っているユーザーにはそれほど諸手を挙げて喜ぶような機能ではなさそうかな。

逆に今後MacBookなんかを購入される方にとっては自動で同期されますし便利なのかもしれませんね。

最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。