【Yosemite】iPhoneの動画キャプチャを撮ってYoutubeにアップする方法

SPONSORED LINK

YosemiteでiPhone動画キャプチャ

Yosemiteの新機能でQuickTimePlayerを使って接続したiPhoneの画面を動画で撮影できるようになっています。元々はアプリ開発者のための機能だと思いますが、BloggerやYoutuberに取ってもすごく便利な機能です。

キャプチャ動画の撮影からYoutubeにアップまでの一連の流れをまとめておきます。

iPhone画面動画撮影方法

QuicktimePlayer

iPhoneの画面を動画で撮影するにはQuickTimePlayerを使います。この時にiPhoneは有線でMacとつながっている必要があります。

Quicktime メニュー

メニューの『ファイル』⇒『新規ムービー収録』をクリックします。

iPhoneを選択

赤丸の録画ボタン横クリックしiPhoneを選びます。そして準備ができたら録画ボタンをクリックすると動画の撮影が開始されます。

終了時はもう一度録画ボタンを押せばOKです。

撮影した動画はMac内に保存してもいいですし共有も可能です。

Youtubeにそのままアップする

撮影動画の共有

ここで撮影した動画をYoutubeにアップするわけですが、まずYoutubeに自分のアカウントを持っている必要があります。

Youtubeのアカウント登録Youtubeのアカウント登録

Google公式

Google+のアカウントを持っていれば直ぐに出来るので興味がある方は是非アカウントを作っておきましょう。

Youtubeアカウント入力

Youtubeのアカウントの入力が求められます。Youtube名はGoogle+に登録した際のメールアドレス(Gmail)ですがパスワードはアカウントの詳細のセキュリティからアプリパスワードを作成する必要があります。

アプリ パスワードでログインアプリ パスワードでログイン

Google公式

注意:2段階認証を設定していない方は通常のパスワードでいけるのかもしれません。

動画の詳細

ログインできたら動画の詳細を設定します。一番下の個人用にチェックすれば非公開になるので自分しか見ることが出来ません。家族に見せるだけの動画の保管にも役立ちますね。

こうしてテストしてみた動画がこちら

この動画で10分程度のアップ時間でした。因みにiPhoneで撮影したものも同様にYoutubeにアップできますよ

まとめ

これで『りんご人』のコンテンツがさらに充実する予感。ゲーム攻略は勿論ですがアプリのレビューにいろいろと使っていきたいと思います。

僕の仕事は YouTube僕の仕事は YouTube
出版社:主婦と生活社 (2013/7/19)
Kindle対応
Amazon 詳細ページ
最後まで読んでくれてありがとうございます。もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。
この記事はりんご人で投稿しています。
SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。