新型MacBookAirがCPUの機能向上と5000円程度の値下げで販売開始

SPONSORED LINK

MacBookAir 2014

新型MacBookAirが予告なく突然のリリース!とは言っても大きな特徴はCPUの変更程度というマイナーアップデートといってもいいかもしれません。

2014年のMacBookAirはHaswell-Refreshに変更し、「1.3GHz TurboBoost 2.6GHz」→「1.4GHz TurboBoost 2.7GHz」という風にパワーアップしています。パワーアップしたからと言ってバッテリー駆動時間が減っているわけでもないようです。

もう一つは値下げ。以前のものよりも5000円程度価格が下げられているようで若干のお得感がありますね。

Mba2014 内蔵アプリケーション

内蔵アプリケーションとしてはPages・Keynote・NumbersといったApple製オフィスが入っていますしiPhoto・iMovie・Garagebandも無料で使えます。MapアプリなんかはiPhoneと連携させて使えばかなり便利ですね。

購入してスグにiPhoneユーザーなら使えるアプリケーションが揃っていますね。

まとめ 購入時期は?

ちょっと拍子抜け感がある今回のリリースですが、実際買いなのかというと5000円安いのは魅力です。

しかし6月のWWDCではMacBookAirのRetinaが発表されるかもしれません。噂では今年後半にはリリースと言われていますし、Retinaが気なる方は少し待ったほうがいいかもしれませんね。

ただMBAの小さな画面にRetinaはどうなるんだろうという感じもありますが、今年買い換えたいと思っているので私は少し様子をみようと思います。

もしあなたがこの記事に共感を持ったら「シェア」してくれると嬉しいです。 @dnc_akiraでした。

SPONSORED LINK

記事を書いている人

akira味浪 照(AKIRA MINAMI)
香川在住のApple製品に魅せられた「にわかApple信者」インドネシア人の妻を持つ2児のパパ。将来インドネシアに移住しスローライフを夢見ています。 自営業になり時間管理・仕事効率化を考え実践しています。りんご人ではAppleガジェットを使ったライフハックな記事をメインで書いています。
つぶやきは少なめですが@付きやDMには反応します。気軽に声かけて下さい。bot以外は基本的にフォロー返します。
Google+からも連絡を受けています。仕事での利用が多いのですが、全然話しかけて頂いてOKです。フレンドリーな方大歓迎
ブログの更新情報取得にRSSが便利です。Feedlyをご利用の方は上部のfeedlyアイコンを利用して下さい。